【コラム】司法府を信頼できない国は墜落してしまう=韓国

【コラム】司法府を信頼できない国は墜落してしまう=韓国

2018年10月01日14時38分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  先日、帰宅中の地下鉄内で空いている席が見えた。ところが2人の女性の間だった。そのわずかな瞬間にいくつかの考えが頭を過った。席に座れば体は楽だろう。しかし下手をすると接触するする可能性がある。座ろうかやめようか。最近論議を呼んだ「大田(テジョン)食堂性醜行」の映像を何度も見たからかもしれない。昨年11月、大田(テジョン)のある食堂で女性の尻を触った疑いで起訴された男に1審で懲役6月の実刑が言い渡され、法廷拘束された。その後、拘束された男の妻が青瓦台(チョンワデ、大統領府)請願掲示板で「夫の悔しさを何とかしてほしい」と訴え、31万人が同意した。

  これに共感した人たちは「あなたの家族とあなたの生活を守るために」というオンラインコニュニティーを作って集会も開くという。この人たちが主張するのは拘束された男の無罪ではない。公開された映像で明確な証拠が発見されなかったにもかかわらず女性の言葉だけを信じて有罪、それも実刑判決を出したことに対する不満だ。「襟をかすめても監獄に行く」という言葉まで出ている。この人たちは「無罪推定」すべき裁判所が「有罪推定」をしたと主張する。もちろん女性コニュニティーでは「痴漢は確実。そんな夫を信じて青瓦台に請願する夫人がかわいそうだ」というコメントもある。

  注目すべき点は捜査と裁判を信じない人たちが増えているという点だ。さらにオンラインの声を町中で見せようとする。数字で見せてこそより大きな影響力が生じると信じるからだ。コニュニティーを運営するキム・ジェジュンさん(28)は「実際に集まって声を一つにしなければ(私たちの意見は)社会に反映されない」と話した。

  弘益大ヌードモデル隠しカメラ事件で始まった恵化(ヘファ)駅女性デモも似ている。彼女たちの不満は、男の犯人は捕まえない警察が女性容疑者はすぐに捕まえて処罰し、顔まで公開したという点だ。こうした不満は歴代最大規模の女性デモにつながった。性的暴行の疑いを受けている安熙正(アン・ヒジョン)前忠清南道知事の1審無罪判決に対しても女性界の反発が強かった。「安熙正が無罪なら司法府は有罪だ」という言葉まで登場した。

  判事個人を標的にしたりもする。退任後に少額事件を担当する田舎の判事として任用されたパク・ボヨン元最高裁判事を迎えたのは双龍車で解雇された労働者たちだった。彼らはパク元判事が在任中、整理解雇を無効とした控訴審を破棄したという理由で謝罪を要求している。人々が自己主張をし、これを貫徹しようとするのは当然のことだ。しかし誰もが街に出てくれば「万人の万人に対する闘争」になってしまう。

  このような事案を最終判断して社会の結束を維持するのは司法府の役割だ。大韓民国憲法第103条は「裁判官は憲法と法律によりその良心に基づいて独立して審判する」と規定している。裁判の結果が気に入らないこともあるだろうが、判事の意図を疑い始めればきりがない。

  現在、司法府は梁承泰(ヤン・スンテ)元大法院長(最高裁長官)当時の司法取引および司法行政権乱用疑惑で検察の捜査を受けている。情況証拠で司法取引を疑うかもしれないが、裁判官が「法と良心に基づいて判決した」と言えばどのようにして犯罪を立証できるのか疑問だ。当事者の良心宣言でなければ弓裔の観心法しかない。捜査は最善でなかったということだ。しかしひとまず捜査が始まった以上、なかったことにすることもできない。

  米国もブレット・カバノー米連邦最高裁判事候補の性的暴行疑惑で騒がしい。上院法制司法委員会では11対10で承認案が通過したが、上院全体の表決に先立ち米連邦捜査局(FBI)が1週間「制限的範囲の捜査」をすることにした。真実が明らかになるかどうかは未知数だが、共和党議員らがそれなりの出口戦略を用意したと見ることができる。制限的範囲で時限を設けた迅速な捜査。我々もそのような知恵を発揮することはできないだろうか。司法府の信頼回復は至急だ。安定して信頼される司法システムがなければ持続的な経済成長と社会発展は期待しにくい。

  キム・ウォンベ/社会チーム長
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事