俳優イ・ミンホさん、肖像権訴訟で勝利…裁判所、被告に「1億賠償」

俳優イ・ミンホさん、肖像権訴訟で勝利…裁判所、被告に「1億賠償」

2017年06月28日16時30分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
俳優のイ・ミンホさん
  俳優イ・ミンホさん(30)が本人の肖像権を無断使用したマスクパック販売会社とドラマ『シンイ-信義-』制作会社を相手取り起こした損害賠償請求訴訟控訴審でも勝訴した。1審と2審はともにイさんの肖像権侵害を認め、2審は1審で認められた慰謝料2000万ウォン(約196万円)に財産上の損害8000万ウォンを加えて計1億ウォンを賠償するよう命じた。

  ソウル高裁民事13部(チョ・ハンチャン部長判事)はイさんが『シンイ-信義-』制作会社の信義文化産業専門会社と化粧品メーカーA社等5社を相手に起こした損害賠償請求訴訟の控訴審で、原告の一部勝訴の判決を下したと27日、明らかにした。これに伴い、A社等はイさんに1億ウォンを賠償しなければならない。また、イさんの肖像が入った製品も生産・販売できなくなる。

  

  これに先立ち2012年、イさんとドラマ制作会社側は、制作会社が肖像権を活用する事業を行う場合、個別に合意書や契約書を作成することにした。だが、信義文化産業専門会社の業務代行を引き受けた会社が俳優の肖像権を活用した事業契約をA社等と交わし、イさんの写真入りマスクパックが市中に流通した。これに対し、イさん側は「肖像権の侵害による損害賠償金2億ウォンを支払い、マスクパックをはじめとする商品を販売できないようにしてほしい」として、損害賠償請求訴訟と販売禁止仮処分申請を提出していた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事