サムスンのiPhone販売差し止め申請、オランダで棄却

サムスンのiPhone販売差し止め申請、オランダで棄却

2011年10月15日07時48分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  オランダ・ハーグ裁判所は14日(現地時間)、アップルのiPhone・iPadの現地販売差し止めを求めたサムスン電子の仮処分申請を棄却した。アップルとの特許訴訟戦でサムスンの4度目の敗北で、サムスンが起こした訴訟では初めて。

  ハーグ裁判所はiPhone・iPadがサムスン電子の3G(第3世代)通信標準特許4件を侵害したというサムスンの主張を棄却した。

  裁判所は「アップルが使用したサムスンの技術は欧州通信標準研究所(ETSI)の規定上、標準化された‘必須特許技術”であり、誰にでもいわゆる‘公正で、合理的で、非差別的な(FRAND)方式’で提供する義務がある」と明らかにした。6月にサムスンが仮処分申請と同時に起こした本案訴訟は継続して進行される。

  今回の決定はサムスンが武器とする通信標準特許が威力を発揮できなかったという点で、その影響が注目される。ロイター通信は「サムスンにとって致命打になった」と伝えた。

  しかしサムスン電子の関係者は「訴訟の内容は国ごとに違うため、他の訴訟には大きな影響を与えない」と主張した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事