韓国漁船の船長、日本EEZ侵犯認める

韓国漁船の船長、日本EEZ侵犯認める

2011年01月14日11時05分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  外交通商部は14日、「33双竜(サンヨン)号」(29トン級)の船長が日本側EEZ(排他的経済区域)を侵犯した事実を認めた、と明らかにした。「33双竜号」の船長は独島(ドクト、日本名・竹島)沖で日本側EEZを侵犯したかどうかについて夜通し調査を受けた。

  外交部の関係者は「海洋警察が今日未明、船長を相手に陳述調書の作成を終えた。船長が日本側EEZ侵犯容疑を認めた」と述べた。また「船長は関連手続きに基づいて担保金を支払うという保証書を書けば、今日中に解放されるようだ」と伝えた。

【ホットクリック】

・韓国漁船の船長、日本EEZ侵犯認める
・俳優オ・ゴンウさんが交通事故で死亡
・韓国人学生110人、フィリピンで7日間抑留
・訪日のゲーツ米国防長官「米戦闘機の購買を」
・<日本人韓流ファン失踪>垂れ幕掲げビラも配り…女性団体も乗り出す
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

関連記事