国連韓国大使「周辺国の妬みで2次投票へ…責任も重い」

国連韓国大使「周辺国の妬みで2次投票へ…責任も重い」

2012年10月20日09時55分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  「大韓民国149票、カンボジア43票」。

  18日(現地時間)、米ニューヨークで開催された第67回国連総会でブーク・イェレミッチ議長が安全保障理事会非常任理事国2次投票の結果を公開すると、ようやく肩の荷が下りた。当初、金塾(キム・スク)国連大使はアジアグループに配分された一つの席をめぐり、1次投票で全体192票の3分の2の128票以上を獲得して決着をつける考えだった。しかし期待を下回る116票という結果に緊張した。予想以上の離脱票があったからだ。2次投票でカンボジアに大差をつけて選出されると、金大使は「2回、3回と固めた票が終盤に結集した」と語った。

  --1次投票は予想外だったのか。

  「韓国があまりにも順調に進んでいるために生じるしかない通過儀礼と考えなければならない。潘基文(バン・ギムン)国連事務総長が再選を果たし、キム・ヨン世界銀行総裁も登場し、国連安保理理事国にも入ろうとすれば、妬まれるしかない。それだけ私たちの肩の荷も重くなったということだ」

  --理事国になれば何が変わるのか。

  「北朝鮮の韓国哨戒艦『天安』・延坪島(ヨンピョンド)挑発問題が安保理に上程された当時、私たちは米国など友好国を通して自分たちの声を伝えるしかなかった。しかしこれからは自分たちの立場を直接話せる。韓半島問題に関しては私たちが主導していく」

  --韓国はいつ安保理議長国になるのか。

  「15カ国の理事国がアルファベット順に1カ月ずつ議長国を引き受ける。Kで始める韓国は来年2月に議長国の順番がくる。早い時期に議長国となるので、2年の任期中にもう一度議長国になることができるだろう」
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事