韓国が南極に2つの基地を持つ9番目の国に

韓国が南極に2つの基地を持つ9番目の国に

2012年06月13日12時00分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
「張保皐(チャンボゴ)基地」イメージ図(左)と位置。
  世宗(セジョン)基地に続き韓国が南極に「張保皐(チャンボゴ)基地」を建設する。国土海洋部は12日、オーストラリアのホバートで11日に開幕した第35回南極条約協議当事国会議(ATCM)で、張保皐基地関連の環境影響評価が28カ国の満場一致で通過したと明らかにした。

  張保皐基地は南極点から南東に1700キロメートル離れたテラノバ湾近くに建てられる。1988年に建てられた世宗基地から4500キロメートル、ソウルからは1万3000キロメートル離れたところだ。広さ4458平方メートルの土地に15棟の建物が建てられ、最大60人が生活できる。完工は2014年3月を予定している。1067億ウォンが投じられる基地建設には現代(ヒョンデ)建設、コーロン建設、鶏竜(ケリョン)建設などが参加する。

  基地が建設されれば韓国は米国、英国、中国などに次いで世界で9番目に南極に2つ以上の常駐基地を持つ国となる。韓国政府は張保皐基地で南極海、気候変動、宇宙科学、南極地形研究などを行い、韓国の基礎科学力を高める計画だ。また、今後南極地域の資源開発にも備える予定だ。

  張保皐基地建設事業の最大の難題はATCMの環境影響評価だった。基地建設地は食物連鎖の最高峰にあるオオトウゾクカモメの密集地域のため工事の騒音などで繁殖に悪影響を与えかねないという指摘があった。また、親環境エネルギー使用のための風力発電機の回転翼にオオトウゾクカモメがぶつかることがあるという危険性も提起され、約2年にわたり環境影響評価の通過が延ばされてきた。国土海洋部は「砕氷船アラオン号を活用し現地で精密調査を行うなど親環境的建設計画を提示し国際社会の同意を得た」と説明した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事