原発はUAEに輸出したが…李大統領のT-50輸出への執念

原発はUAEに輸出したが…李大統領のT-50輸出への執念

2011年02月22日11時44分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
韓国初の超音速高等訓練機T-50。
  



  「T-50高等訓練機の初めての輸出に成功すると思っていたが…向こう(情報当局)の人たちもプレッシャーが大きかったのだろう」。

  インドネシア特使団宿舎侵入事件と関連し、軍消息筋は21日、このように述べた。

  超音速高等訓練機T-50は原子力発電所(原発)とともに、李明博(イ・ミョンバク)大統領が就任後に集中的に推進してきた「輸出2大プロジェクト」だ。 原発輸出は09年末、アラブ首長国連邦(UAE)に輸出するのに成功したが、T-50の輸出はいつも挫折した。

  政府消息筋は「大統領就任後、UAEとシンガポールにT-50を輸出し、世界に市場を拡張するという目標を立てたが、うまくいかなかった」とし「大統領の関心が大きいだけに、国家情報院(国情院)、外交部、国防部など関連部処が感じるプレッシャーも大きいのだろう」と述べた。

  インドネシアへのT-50輸出に青信号が灯ったのは昨年12月。 李大統領がインドネシアを訪れ、普段から親しいユドヨノ大統領と会談し、韓国の訓練機と潜水艦、無線機生産など防衛産業全分野で協力することに合意したからだ。

  インドネシア政府が今回、経済・国防など5部処で構成された特使団を韓国に送ったのも前向きな信号だった。 李大統領も特使団を手厚く迎えた。 大統領専用2号機まで出して蔚山現代(ウルサン・ヒョンデ)重工業を見学させた。 外交部の関係者は「特使団が帰国する際‘大成功だった’という言葉を繰り返した」と伝えた。 消息筋は「誰かがうまくいくことに過剰対応し、無理な手段をとった」と述べた。

  韓国航空宇宙産業(KAI)が米ロッキードマーティンの基礎技術の一部をもとに国産化したT-50は1機当たり240億ウォン(約19億円)にのぼる。 50機を輸出すれば1兆2000億ウォンで、輸出にともなう装備支援、操縦士教育訓練費、追加整備事業まで合わせると輸出効果は非常に大きい。

  T-50は輸出金額だけでなく、大韓民国の「自主国防」と「高付加未来技術力」という象徴性も帯びている。 しかしイタリアやロシアの競争機種に比べて価格が10-20%ほど高いのがが弱点だった。 政府はUAEとシンガポールで苦戦した後、値下げしたことが伝えられている。

【ホットクリック】

・銃刀を持ったリビア住民、現地建設現場を襲撃…韓国人3人負傷
・「国情院の介入、確認してほしい」…インドネシアが韓国に正式要請
・キム・ヨナが1年ぶりに復帰…東京での世界選手権で新記録出すか
・原発はUAEに輸出したが…李大統領のT-50輸出への執念
・少女時代、日本でKARAめぐる質問に困惑
 
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事