<世論調査>「太陽政策変えねば」78%「韓国も核持つべき」65%

<世論調査>「太陽政策変えねば」78%「韓国も核持つべき」65%

2006年10月11日13時13分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  北朝鮮の今回の核実験で韓国民の相当数が政府の対北政策の変化を要求した。

  既存の北朝鮮包容政策は変えるべきであり、金剛山(グムガンサン)観光と開城(ケソン)公団事業も中断しなければならないという意見が多かった。これは中央日報調査研究チームが10日、全国の満20歳以上男女760人を対象に実施した世論調査によるものだ。

  太陽政策など北朝鮮を包容する政府政策を続けるかについて「今後も続けるべき」が17%であったのに対し「もう変えなければならない」が78%だった。

  対北支援と経済協力に対しても否定的だったが、金剛山観光や開城公団事業を続けなければならないという意見(42%)より中断しなければならないという意見(53%)の方が多かった。

  北朝鮮の核実験強行で盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領の北朝鮮に対する認識が変わるものとみる国民が多かった。盧大統領の対北認識が変わるものと見ているという回答が54%、変わらないという回答が38%だった。

  北核事態の責任をとって統一、外交、安保関連責任者を交代しなければならないという主張に対しては賛成44%、反対46%で賛否は近かった。

  9日午前の北朝鮮核実験発表のニュースで国民3人のうち2人が不安を感じていると答えた。「非常に不安」21%「多少不安」45%を合わせて66%が不安だと述べ、34%は不安ではないとした。

  これから北朝鮮が戦争を挑発する可能性に対しては半々だった。「可能性が非常に高い」7%「ある程度可能性がある」44%を合わせて51%が戦争挑発の可能性があると回答し、49%は挑発の可能性が低いと答えた。

  しかし北核実験に対する不安を表すかのように「これからは我々も核兵器を保有しなければならない」という主張に対する共感が増えた。東アジア研究院(EAI)の2004年7月調査で51%だったが、今回は65%が韓国の核兵器保有に対して同意した。同意しないという回答は32%だった。

  電話で実施した今回の調査の最大許容標本誤差は95%信頼水準で±3.6ポイントだ。

  

   <ニュース特集>北朝鮮核問題
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事