SJシウォン、家族の飼い犬にかまれ死亡した韓一館代表に謝罪

SJシウォン、家族の飼い犬にかまれ死亡した韓一館代表に謝罪

2017年10月22日12時16分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
歌手シウォンさんと彼が育てたフレンチブルドッグ(右)
  ソウル・江南(カンナム)の有名韓国料理店「韓一館」の代表にかみついた犬はグループSUPER JUNIOR(スーパージュニア)のメンバー、シウォンさんの家族の飼い犬であることがわかった。

  シウォンさんは21日に自身のツイッターを通じ「先ごろ私の家族が飼っていた犬と関連した状況を伝え聞きとても申し訳なく思う。故人と遺族の方々に心より哀悼の意を伝える」と明らかにした。

  これとともに「犬を飼っている家族として大きな責任を感じる。常に徹底した管理をしなければならなかったが不注意からとんでもないことが起き深く反省している。再びこうしたことがないよう措置する」と付け加えた。

  シウォンさんだけでなくシウォンさんの父親のチェ・ギホさんもやはり自身のインスタグラムに謝罪文を上げた。

  彼は「隣人である故人は私の家のドアが少し開いた隙に家族の飼い犬にかまれ6日後に敗血症で死亡したのは事実だが、治療過程の問題や2次感染などの可能性があり正確な死因を断定するのは難しい状態だと聞いた。常に気を付けて徹底的に管理しなければならなかったがこうしたことが起きたことに対し申し訳ない気持ちばかりだ」とした。

  彼はまた、「私たちは哀悼の意を伝えるために弔問に行き、このような状況に対し遺族の方々に頭を下げ謝罪する。現在も今後も故人となられた方と遺族には大きな心の荷物を背負わせることになった。どのような言葉も慰めにはならないと思うが、故人と遺族にこの書き込み借り改めて心から謝罪の言葉を申し上げる」と故人と遺族に謝罪した。

  韓一館代表のキムさん(53、女性)は先月30日にソウル・狎鴎亭(アプクジョン)にある自宅マンションのエレベーターでリードをつないでいないシウォンさんの家族の飼い犬にすねをかまれ、その3日後に敗血症で死亡した。マンションの防犯カメラにはエレベーターのドアが開くと同時に飼い犬がキムさんにかみつく場面が写っているという。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事