<テニス>鄭現、フェデラーに0-2敗れるも…ランキングはアジアトップへ

<テニス>鄭現、フェデラーに0-2敗れるも…ランキングはアジアトップへ

2018年03月16日14時06分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
鄭現(チョン・ヒョン)
  韓国を代表するテニス選手の鄭現(チョン・ヒョン、22、韓国体育大、世界26位)が「皇帝」ロジャー・フェデラー(37、スイス、1位)に敗れたが、ランキングはアジアトップになる見通しだ。

  鄭現は16日(日本時間)、米カリフォルニア州インディアンウェルズで行われた男子プロテニス(ATP)BNPパリバオープン男子シングルス準々決勝でフェデラーにセットスコア0-2(5-7、1-6)で敗れた。

  鄭現は第1セット、ゲームスコア5-5まで対等な競技を見せたが、結局5-7でこのセットを落とした。第2セットではフェデラーの多様な球質のサーブに対応できず1-6で終わった。しかし鄭現は足のけがで途中棄権した1月の全豪オープン準決勝とは違い、新鋭らしく覇気のある姿を見せた。

  鄭現は今大会で8強入し、ランキングポイント180点を受けた。現在ランキングポイント1567点で26位の鄭現は180点を追加して20位台前半に上がる見込みだ。現在アジアトップの錦織圭は今大会に出場せず25位からさらに落ちる。このため鄭現は生涯初のアジアトップランカーとなる。アジア選手の歴代最高ランキングは錦織の4位。

  鄭現は賞金16万7195ドル(約1800万円)を受ける。鄭現は全豪オープン4強などで今大会までの獲得賞金が77万8546ドル(約8300万円)。今大会の賞金を合わせるとシーズン賞金10億ウォン(約1億円)を超える。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事