<フィギュア>キム・ヨナ、1位より値打ちのある2位

<フィギュア>キム・ヨナ、1位より値打ちのある2位

2011年05月01日09時29分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  「フィギュアクイーン」キム・ヨナが30日(韓国時間)にロシア・モスクワで開かれた2011フィギュアスケート世界選手権で、技術点61.72点、芸術点66.87点で128.59点を獲得した。前日のショートプログラムの65.91点を加え合計194.5点となったキム・ヨナは195.79点の安藤美姫に1.29点差で銀メダルにとどまった。前日のショートプログラムでは安藤を0.33点差でリードしていたが、フリーで1.62点の差をつけられた。

  キム・ヨナは前日にミスした最初のジャンプのトリプルルッツ-トリプルトーループジャンプは完璧にこなしたが、続くトリプルサルコー-ダブルトーループジャンプの途中、後ジャンプをシングル(1回転)処理し、続くトリプルフリップジャンプも1回転だけだった。キム・ヨナは、「緊張してトリプルサルコー-ダブルトーループジャンプでミスし、足がふらついてフリップジャンプも思い切れなかった」とした。演技序盤でミスした後、平常心を取り戻したキム・ヨナは、続く演技は完璧にこなした。

  これを反映するように、キム・ヨナはこの日の競技に出た24人のうちで最高芸術点を記録した。キム・ヨナの芸術点は66.87点。安藤の芸術点64.46点を2.41点上回った。普通はミスがあれば演技の流れが続かず芸術性も落ちるはずだ。しかし2度のミスを犯したキム・ヨナの芸術点は安藤よりはるかに高かった。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事