<韓半島最大規模地震>原発稼働中断決定に3時間かかった

<韓半島最大規模地震>原発稼働中断決定に3時間かかった

2016年09月14日07時37分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  慶州(キョンジュ)地震が原発に及ぼす計測値を求めるのに時間がかかり、韓国水力原子力(韓水原)が地震発生から4時間も過ぎてから原発稼働中断決定を下したことが分かった。学界と市民団体はその間に大事故が発生するおそれもあったとして制度の改善を要求した。

  12日、慶州でマグニチュード5.1の最初の地震が発生した時刻は午後7時44分。韓水原によると、当時震央から最も近い距離(約27キロ)の月城(ウォルソン)原発の地震計側値は0.0615g(gは重力加速度)だった。韓水原は「原発の安全運営に影響はない」と発表した。国内の原発は地震計側値が0.1g以上なら手動で稼働を中断し、0.18g以上なら自動で停止することになっている。

  午後8時32分、最初の震央から遠くないところで、さらに大きな地震(マグニチュード5.8)が発生した。月城原発地震計測器の値は手動稼働中断に近い0.0981gだった。しばらくすると、韓国原子力安全技術院(KINS)の計測値は0.12gと表示された。この時、原発の稼働を中断することもできた。

  しかし韓水原はためらった。2回目の地震に対してより精密な測定が必要だとし、地震応答スペクトルを利用した値を計算し始めた。この計算が終わった時刻が午後11時50分。基準値の「0.1g」を超えたと判断した韓水原は、6分後に月城1-4号機の稼働中断を決めた。最初の地震発生から4時間12分、2回目の地震から3時間24分経過した時刻だ。韓水原は「全国24基の原発資料をすべて総合しなければいけないため中断決定までに4時間かかった」と釈明した。

  原発専門家はこうした決定過程が規模が大きい地震では原発をさらに危険にすることもあると指摘する。徐鈞烈(ソ・ギュンリョル)ソウル大原子核工学科教授は「計算方法が複雑でも4時間を4秒に減らすことができる技術と人材を確保しなければいけない」とし「マグニチュード5.8が前震で、マグニチュード6.5-7の本震が後にくると仮定すればぞっとする」と述べた。

  ヤン・イ・ウォンヨン環境運動連合処長は「福島原発も海水を冷却水として注入するかどうかを悩んで時間を逃し、爆発した」と話した。

  月城原発が地震脆弱地域に設置されたという問題もまた浮上した。今回の地震の震源は活性断層(梁山断層)上ににあるという。付近には原発6基が稼働する月城原発がある。

  環境運動連合はこの日、「原発の稼働を中断して強震に耐えられるかどうか確認する必要がある」と主張した。

  老朽原発の安全性も問題だ。ソン・ムン釜山大地質環境科学科教授は「原発が老朽化すれば耐震強度が弱くなる部分が出てくる可能性があるだけに至急点検が必要だ」と述べた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事