<W杯>韓国代表選手団の価値、ドイツのクロース1人と同じ

<W杯>韓国代表選手団の価値、ドイツのクロース1人と同じ

2018年06月26日16時04分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
韓国代表が25日(現地時間)、サンクトペテルブルクのスパルタクスタジアムでジョギングしている。
  韓国とドイツの戦力の差を表すものはプロ選手であるだけにやはり選手団の金額だ。

  米ニュースサイトのビジネスインサイダーは今大会の開幕を控え、2018ロシアワールドカップ(W杯)出場32カ国の選手団の価値をランキングした。国際サッカー市場で通じる移籍料推定値に基づく資料だ。

  これによると、ドイツ選手団の総額は10億3000万ドル、韓国ウォンで約1兆1093億ウォン(約1100億円)と推定された。これはスペイン(12億1710万ドル)、フランス(12億1296万ドル)、ブラジル(10億8000万ドル)に続いて4番目に多い金額だ。一方、韓国は9690万ドルと推定された。ドイツの約10分の1の金額で、順位は23番目だった。

  ドイツ選手のうち、スウェーデンとのグループリーグ第2戦で後半ロスタイムに劇的な決勝ゴールを決めたトニ・クロースの金額が9430万ドルにのぼることが分かった。トニ・クロースはレアル・マドリード所属で、2016年に球団と6年・最大1億2000万ドルで再契約した。ドイツのサッカー選手で過去最高だ。韓国選手23人をすべて合わせた金額とほぼ同じだ。韓国で最も高い金額の選手はやはり孫興民(ソン・フンミン)で5890万ドルと推定された。

  韓国-ドイツ戦はいかなる面でもドイツの優位を容易に予想できる試合だ。FIFAランキング1位のドイツは2014年ブラジルW杯優勝チームで、2002年韓日W杯から4大会連続でベスト4入りしている。ドイツがW杯グループリーグで敗退したのはわずか一度だけで、80年前の1938年のことだ。当時は16カ国が出場し、1回戦からトーナメント方式で進行されたが、ドイツはスイスとPK戦の末2-4で敗れ、8強入りできなかった。厳密にいうと「グループリーグ」で敗退したことがない国がドイツだ。

  一方、韓国はFIFAランキング57位で、今大会はスウェーデン、メキシコに順に敗れた。ドイツと最終戦で16強入りのわずかな望みをつないでる。韓国がドイツに勝ち、同じ時間に行われるメキシコ-スウェーデン戦でメキシコが勝ってこそ16強入りの可能性が見える。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事