潘基文氏「10億円は日本に返すべき…THAAD配備は支持」(1)

潘基文氏「10億円は日本に返すべき…THAAD配備は支持」(1)

2017年01月13日07時49分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
写真=潘基文(パン・ギムン)前国連事務総長が10年の任期を終え、柳淳沢(ユ・スンテク)夫人とともに12日午後、仁川国際空港を通じて帰国し、記者会見を行った。この日、空港に約400人が集まって歓迎した。
  潘基文(パン・ギムン)前国連事務総長が「政治交代」を主張し、大統領選挙街道に飛び込んだ。潘氏は12日、仁川(インチョン)空港で「政権交代ではなく政治交代を実現する」と述べた。10年ぶりの帰国の第一声で事実上、大統領選挙出馬の意思を明らかにしたのだ。

  潘氏は米ニューヨークから仁川空港に向かうアシアナ航空便に同乗した中央日報の記者のインタビューで、政治交代のための戦略と構想の一部を表した。まず潘氏は自身を「進歩的な保守主義者」と規定した。また、釜山(プサン)少女像撤去をめぐる日本との葛藤および財閥改革問題に対し、与野党を行き来する立場を明らかにした。潘氏は「(日本が12・28慰安婦合意に基づき拠出した)10億円が少女像撤去と関係があるものなら間違っている」とし、政府を批判した。さらに「むしろお金を返すべきであり、話にならない」と述べた。少女像と10億円を結びつけた裏面合意が存在するのではと言いながら10億円の返還を要求する野党側の主張とは似た趣旨の発言だった。

  潘氏は「財閥があらゆることを統制するため、中小企業が生きる道がない」とし「財閥改革は避けられない」とも述べた。「財閥の影響があまりにも大きいので階層間の葛藤が生じる。下請け企業が(大企業と)同じことをしても60%の賃金しか受けられなければ不公正で不公平な社会」と話した。

  高高度ミサイル防衛(THAAD)体系配備問題については「支持する。韓米同盟は最も重要な防衛軸」と話した。中国のTHAAD撤回圧力に関しては「韓中関係は韓国だけに重要なものではなく、中国にも重要だ。外交で解決することができる」と主張した。どちらか一方の陣営に傾かず事案別に回答を出した潘氏は結局、第3地帯に外縁を拡張するという意向を明らかにした。

  潘氏は「金鍾仁(キム・ジョンイン)、孫鶴圭(ソン・ハッキュ)元共に民主党代表、安哲秀(アン・チョルス)元国民の党代表に会う準備ができている。時間があまりないので会って実質的な対話をしたい」とし「これからは私を支える政党と組織がなければいけない。国民統合と社会・経済的大妥協のために力になる人なら誰とでも一緒にする用意がある」と説明した。潘氏は「正しい政党の候補として出馬する考えはないのか」という質問に対し、「今すぐ既存の政党に合流する考えはない」と答えた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事