後藤真希、韓国ステージデビュー…9日ショーケース

後藤真希、韓国ステージデビュー…9日ショーケース

2006年09月07日13時31分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
  



  日本の女性アイドルグループモーニング娘の元メンバーである後藤真希(21)が韓国のステージデビューをする。

  9日ソウルのナルアートセンターで開かれるショーケースだ。この席で『スッピンと涙』『抱いてよ!Please go on』など自分のヒット曲2曲を韓国語で歌う。ベストアルバムもこの日発売される。この日の1200の客席は抽選を通じてすでに売り切れた状態。後藤の国内ファンは12万人と推算される。

  4日の電話インタビューで「昨年、釜山で開かれたアジアソングフェスティバルでファンがくれた声援が韓国進出のきっかけになった」と述べた。特に国内に女性ファンが多いという事実に驚いたという。

  「ファンが私の歌を大きな声で歌った姿を忘れることができなかった。日本ファンに劣らず熱く応援してくれました。日本は男ファンが大多数なのに、韓国ファンは男女の数が同じくらいのようです」

  韓流のおかげで韓国大衆音楽をよく知るという彼女は韓国歌謡の魅力を一言で「格好よい」と表現した。

  「韓国歌謡は聞きやすい自然さが特徴です。英語の歌詞もよく消化されていて、ラップは本土の発音のように聞こえます。メロディー、ラップ、ニュアンスが自然に調和を成すようです」

  彼女はデュエットをしたい韓国の歌手に東方神起を挙げた。日本の女性人気トップ歌手として韓国に進出するということについて、彼女は負担を感じているそうだ。

  「韓国に必ず行きたいと事務所に何度も話し、事務所も可能性を見て韓国進出を決めてくれたようです。正直にいうと負担も大きく、緊張もしています。日本で主に活動していますが、機会ができれば韓国で放送活動やコンサートもしたいです」
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事