韓国人の日本ビール愛…輸入ビール3本に1本

韓国人の日本ビール愛…輸入ビール3本に1本

2015年08月19日16時21分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国人がよく飲む輸入ビールの3本に1本は日本ビールであることが分かった。19日、韓国関税庁が集計した過去3年間の年平均ビール輸出入動向によると、輸出は小幅増加したが輸入は大幅に増加した。昨年のビール輸出は7000万ドル規模で年平均3.9%増加にとどまる一方、輸入は1億1000万ドル規模で年平均23.2%増加した。

  最大輸入国は日本が不動の1位だった。今年1~7月、金額基準で日本は輸入ビールの29.9%を占め、12.4%にとどまったビールの本場ドイツを大きく引き離した。3位は輸入ビール比重11.2%を記録したアイルランドだった。2012年の時点では日本1位、オランダ2位、アイルランド3位だったが、オランダは「ビッグ3」から押し出された。

  オランダを押し出したのはドイツだ。過去3年間、年平均57.8%の輸入増加を記録したドイツビールは2013年ビッグ3に初めて登場した後、昨年はビッグ2に食い込んだ。それでも日本の牙城を崩すことができないでいる。日本ビールに比べて3分の1規模にとどまっているためだ。ビッグ3以外には中国が急速に市場占有率を高めていることが分かった。中国ビールは輸入比重が1桁を記録してきたが、今年に入って初めて2桁(10.1%)を記録してオランダを5位に押しやり輸入ビール市場シェアで4位に入った。

  日本ビールが不動の1位を守っているが、わずかな変化も見受けられる。最近、ドイツ、アイルランド産エールビールが人気の高まりを受けて輸入が増加傾向にあるのに対し、最大輸入国日本のラガービールは人気が停滞している。そのため2012年輸入ビール市場占有率が35.9%に達していた日本ビールは勢いが鈍化すると今年に入り29.9%まで落ちた。

  このような兆しを察知した日本は、最近、価格を急激に落としている。韓国市場1位を守る水際戦略だ。この影響で過去3年間で日本ビールの年平均輸入価格は13.7%下落した。一方、国内ビールの輸出国ビッグ5は香港、シンガポール、日本、モンゴル、中国の順であることが分かった。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事