東北工程「自主を叫ぶ政府、どうして黙っている?」

東北工程「自主を叫ぶ政府、どうして黙っている?」

2006年09月07日13時11分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  与・野党首脳部は6日「東北工程」を通じた中国の韓国古代史歪曲を集中的に糾弾した。

  金槿泰(キム・グンテ)ウリ党議長は「東北工程で北東アジアの未来に黒雲がたちこめる」とし「歴史の歪曲はまた別の形態の侵略行為であり、歴史の歪曲と共同繁栄は両立することができない」と批判した。また「中国が日本の過去の歴史歪曲を批判するのは二律背反」とし「中国の歴史歪曲の中断を強力に促す」と述べた。

  キム・ハンギル院内代表も「歴史を書き換えても変わりも隠れもしない」とし「中国が特別な目的で歴史を書き換えるなら、中国は日本の歴史教科書の歪曲を責める資格はない」と主張した。

  ハンナラ党は対中国批判とともに韓国政府のはっきりしない対処を非難した。

  姜在渉(カン・ジェソプ)代表は「盧武鉉(ノ・ムヒョン)政府が自主を主張する政府なのに、なぜ中国には一言もいえないのか」とし「過去の歴史の真相究明に何千億ウォンを浪費しても民族歴史の破損にどうしてあらかじめ備えないのか」と述べた。チョン・ジェヒ政策委議長は「中国が緻密で立体的な計画で我々の歴史を根こそぎ歪曲している」とし「歴史研究に大々的な支援をし、中国の歴史が間違っているということを知らせなければならない」と主張した。

  

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事