駐韓ウクライナ大使「ロシア、非核化補償約束破る…北核交渉に悪影響」

駐韓ウクライナ大使「ロシア、非核化補償約束破る…北核交渉に悪影響」

2014年03月06日14時15分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
マルマゾフ駐韓ウクライナ大使
  「ロシアは自国民の保護を名目に主権国家の国内問題に介入した。明白な国際法違反だ。クリミア半島の事態が結局は外交的な手続きに基づいて解決されると信じるが、こうした挑発は後日、ロシアにブーメランとなって返ってくるだろう」。

  ワシリー・マルマゾフ駐韓ウクライナ大使(52)がロシア側にした忠告だ。5日、ソウル龍山区東氷庫洞の大使館で会ったマルマゾフ大使は、ロシアのクリミア半島掌握は一時的なもので、これ以上の危機はないと予想した。前日、プーチン大統領が「クリミア半島の合併は考えていない」と述べたのも根拠となった。

  クリミア自治共和国が主導する分離独立の可能性も低いとみている。クリミア自治共和国のロシア人比率は60%を超えるが、ウクライナ国内法や国連など国際社会がこれを容認するはずがないということだ。

  「一部の人は2008年にロシアが介入したグルジア事態と比較するが、当時は内部的な独立戦争があった。さらにこうして独立した南オセチアとアブハジアは国際社会で独立国としてほとんど認められていない。クリミアの住民もこれを知っている。何よりもクリミア半島の分離独立はロシア内の異質な民族問題を刺激することもあるという点で、ロシアにも長期的には利益にならない」。

  マルマゾフ大使はプーチン大統領のクリミア半島占拠を政治・経済的な目的の“戦略”と見なし、「これは文明化された方式ではない」と批判した。特に1994年にロシア・米国・英国・フランス・中国の5大核保有国が保証した「ブダペスト覚書」に反するという点を強調した。当時ウクライナは旧ソ連当時の核ミサイルなど世界3位レベルの核施設を、領土の安全と統一性、主権の保障という約束の下で放棄した。

  こうした点で今回の事態は北朝鮮およびイランの核交渉に示唆する点が多いというのがマルマゾフ大使の考えだ。もし国際社会がロシアの約束違反を容認すれば、北朝鮮の核問題をめぐる6カ国協議などの信頼性が挑戦を受けることになるということだ。

  マルマゾフ大使は「今の事態は欧州の安保だけでなく、非核化を前提とする国際社会の安定性全体を損なわせる」と述べ、韓国政府が事態の解決に関心を持ってウクライナ支援に参加することを促した。

  しかしロシアが交渉テーブルに出てくれば、何が交渉対象になるのか。マルマゾフ大使は「いろいろ可能だろうが、領土問題は決して対象にならない」と断言した。「ロシアと欧州の間にあるウクライナの地政学的価値をロシアもよく知っている。我々には良い隣国になるか敵になるか、2つの道がある。ウクライナが欧州と経済協力を増進することはロシア-ウクライナ関係を悪化させないうえ、ロシアにもプラスとなる。したがって国際社会がロシアにはっきりとメッセージを送るべきだと思う」。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事