韓国政府、会社債市場に6兆4000億ウォン緊急投入

韓国政府、会社債市場に6兆4000億ウォン緊急投入

2013年07月09日08時24分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国政府が会社債市場を生かすために6兆4000億ウォン(約5632億円)を投じる。産業銀行が、償還が困難な企業の会社債を買い入れた後、信用保証基金が保証・発行する債権(プライマリー債権担保付証券、P-CBO)などに引き渡すのが大きな骨格だ。一時的な流動性リスクを背負う企業の会社債の借り換え(満期延長)をして経営に突破口を開くようにしようとの趣旨だ。

  金融委員会は8日、こうした内容の“会社債市場正常化方案”を発表した。金融委は「今年の下半期から来年末までに会社債の満期が来る低信用等級企業が支援対象」としながら「近く審査を通じて対象企業を選定した後、今月末から支援に入る」と明らかにした。

  方案によれば、新保がP-CBOを6兆4000億ウォン分発行して産業銀行が買収した会社債の60%を編入した後、債権市場に売る。韓国政府と韓国銀行の支援を受けた政策金融公社の資金などを合わせた計8500億ウォンの財源がP-CBO発行のためのシードマネー(seed money)として使われる。金融委関係者は「P-CBOは事実上、新保が元金を保障する優良債権なので投資需要が多い」と話した。金融委はこれと共に信用等級“BBB”以下の非優良株を30%以上編入した会社債ファンド(ハイイールド・ファンド)の加入者に対しては配当所得税について分離課税の恩恵を与えることにした。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事