女優ホン・スア、5年ぶりに韓国の作品にカムバック

女優ホン・スア、5年ぶりに韓国の作品にカムバック

2018年06月26日15時02分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
女優ホン・スア
  女優ホン・スア(32)が5年ぶりに韓国ドラマに復帰する。

  ホン・スアは来月放送されるKBS(韓国放送公社)第2テレビの連続ドラマ『最後まで愛』(仮題)の主役を演じる。

  劇中、美しい仮面の下に本心を隠して緻密な計算を通じてその野望と欲をひとつひとつ実行していく悪女カン・セナを演じる。

  『最後まで愛』は、心から愛していたのに離別を選ばざるを得なかった人々が一生一つだけの愛を守って最後には幸福を手に入れる内容だ。

  ホン・スアは2014年に中国に進出してドラマ『温州両家人』『億万継承人』、映画『怨霊』『傍観者』に出演するなど活発に活動した。韓国ドラマへの出演は2013年『大王の夢』以降、実に5年ぶりとなる。

  劇中、ホン・スアの兄カン・ヒョンギ役は俳優シム・ジホが、ヒロインのハン・ガヨン役には女優イ・ヨンアがキャスティングされた。

  『人形の家』の後続として翌月から放送。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事