【グローバルアイ】トランプ大統領の真珠湾訪問に込められた意味

【グローバルアイ】トランプ大統領の真珠湾訪問に込められた意味

2017年10月21日11時22分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  1941年12月7日午前7時48分、米ハワイ真珠湾のフォードアイランド海軍基地。写真で見ても雲が少ない晴れた天気で視界が良かったこの日、日本帝国海軍航空隊は戦艦「ウェストバージニア」に対する魚雷攻撃で真珠湾空襲を開始した。停泊していた8隻の戦艦がすべて装甲貫通爆弾と魚雷の爆撃にあい、4隻が沈没した。

  このうち1隻が日本真珠湾空襲で最も多くの犠牲者が発生した戦艦「アリゾナ」だった。全長185メートル、満載重量3万トンにのぼる「アリゾナ」は空襲から18分後の8時6分ごろ、船首部の弾薬庫が爆撃で爆発して沈没し、乗船していた1177人の水兵および海兵隊隊員が死亡した。真珠湾空襲の犠牲者2403人のほぼ半分だ。米国は撃沈された「オクラホマ」「ウェストバージニア」「カリフォルニア」の3隻は引き揚げて太平洋戦争に再投入したが、「アリゾナ」は水中にそのまま残した。侵略にあった現場として永久保存するためだ。1962年に沈没した船体の上に水上記念館を設置し、犠牲者全員の名前を刻んだ。毎年200万人以上がここを訪れる。

  昨年12月28日には安倍晋三首相が侵略国の首相として初めてここを訪問し、慰霊した。安倍首相は真珠湾侵攻に対する謝罪や反省はなく「戦争の惨禍は二度と繰り返してはならない」とし「日本人とアメリカ人の子供たち、またその子供たち孫たち、そして世界中の人々が、パールハーバーを和解の象徴として記憶し続けてくれることを願う」と述べた。オバマ大統領は「米国と日本の人々の同盟関係は、戦争による最も深い傷でさえも友情と恒久平和に取って代わられることを私たちに想起させる」とし「今日の歴史的な場面は米国と日本の国民の同盟と和解の力を代弁する」と述べた。

  トランプ大統領は韓日中を含むアジア訪問に先立ち、11月3日から2泊3日の日程でハワイに寄り、アリゾナ記念館と真珠湾を訪問する。就任後初めて韓半島(朝鮮半島)および東アジアを管轄する太平洋司令部(PACOM)に行き、最高司令官として報告を受ける計画だと、ホワイトハウスは明らかにした。トランプ大統領はこの数カ月間、軍首脳部に対北朝鮮軍事オプションを準備するよう指示してきたが、その後に受ける最初の現場報告だ。太平洋司令部は韓米連合軍司令部とともに韓半島で全面戦争計画(作計5027)や、最近北朝鮮のハッキング疑惑が浮上した北朝鮮指導部先制打撃およびサイバー戦争、局地戦計画を含む作計5015など、戦争計画を常時アップデートする。ウィリアム・マッキニー元太平洋司令部北東アジアチーム長は記者らに対し「米国最高司令官の真珠湾訪問は米国が二度と侵攻を受けないという決意を見せると同時に、軍事オプションの準備が終わったという対北朝鮮警告メッセージ」と述べた。対北朝鮮メッセージがすべてではない。その後に会うも韓日中の首脳に強力な対北朝鮮制裁参加への圧力を加えようという意図も明らかに見える。

  チョン・ヒョシク/ワシントン特派員
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事