韓経:ソニー・パナソニック・日立…自尊心捨てて収益性を得た(1)

韓経:ソニー・パナソニック・日立…自尊心捨てて収益性を得た(1)

2017年05月31日10時32分
[ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  日本の8大電子機器メーカーの変身がスピーディーに進んでいる。変身の中身は中核技術に重点を置いた体質改善と事業再編だ。大胆な構造調整も断行している。すでにソニーなど一部企業は成功の軌道に乗ったと宣言した。半面、東芝やシャープなどはまだ再起を図れないまま破産危機に直面している。電子機器王国であり、一時は世界の電子機器業界を揺るがした日本だ。果たして日本の電子機器メーカーは復活できるのだろうか。でなければ、ノキアやモトローラなど多くの世界的企業がそうなったように、歴史の中に消えていくことになるのだろうか。

  ソニー・日立・東芝・NEC・パナソニック・三菱電機・シャープ・富士通など電子機器メーカー8社の昨年度決算期(2016年4月~2017年3月)の売上高は計44兆4432億円だった。2012年度決算期に比べて0.18%しか増えていない。売上高が最も多く増えたのは三菱電機で、この期間18.82%増となった。ソニーも11.8%の増加にとどまった。パナソニック(0.56%)と日立(1.34%)の増加率は1%前後に過ぎなかった。大きく増えたとは言えない水準だ。

  だが、これら企業の同じ期間の営業利益増加率は71.8%に達する。これまで赤字に苦しんでいたシャープも、今回の会計年度には営業黒字に転じた。パナソニック(72%)、日立(39.2%)などの営業利益も軒並み増加した。ソニーも25.5%の増加率を記録した。昨年、不正会計で問題となっていた東芝も営業利益は193.5%も増加した。日本電子機器メーカーの売り上げは4年前と比べて増えてはいないが、営業利益は大幅に増加した。これら企業が成長性よりも収益性に重点を置いた経営戦略へと体質改善を図ったと言える。では果たして何がこのようにさせたのだろうか。

韓経:ソニー・パナソニック・日立…自尊心捨てて収益性を得た(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事