<W杯サッカー>1位サウジを破った日本、B組2位に浮上

<W杯サッカー>1位サウジを破った日本、B組2位に浮上

2016年11月16日08時34分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  イタリアの名将マルチェロ・リッピ監督(68、イタリア)も中国サッカーを救えなかった。

  中国は15日、中国昆明で行われたロシアワールドカップ(W杯)アジア最終予選A組第5戦でカタールと0-0で引き分けた。

  3敗1分けで最下位だった中国は先月22日、リッピ監督を迎え入れた。2年・年俸2000万ユーロ(248億ウォン)という破格的な条件だった。リッピ監督は「我々は奇跡を起こすことができる。まだ本大会進出の可能性が残っている」と語った。

  しかし2006年ドイツW杯でイタリアの優勝を導いたリッピ監督も就任後の最初の試合で勝利をつかむことはできなかった。

  B組では日本がサウジアラビアとホームで対戦し、清武弘嗣(セビーリャ)と原口元気(へルタ・ベルリン)のゴールで2-1で勝った。日本は3勝1敗1分け(勝ち点10)でサウジアラビアと並んだが、得失点差で下回りB組2位。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事