地位高まった韓国のバイオ、グローバル製薬市場で胸を張る(2)

地位高まった韓国のバイオ、グローバル製薬市場で胸を張る(2)

2017年01月12日15時21分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  2015生命工学白書によると、世界バイオ医薬品市場の規模は2008年に932億ドル(約10兆6700億円)から2019年2625億ドルへと急激に拡大している。その他医薬品・医療機器まで合わせれば、2024年2兆6000億ドルに達するものとみられる。韓国の主力輸出産業である半導体・化学製品・自動車を合わせた市場の規模と同水準だ。韓国企業が海外進出に積極的に乗り出している理由もここにある。柳韓洋行のキム・ジェギョ常務は「海外進出はもはや選択でない必須」とし、「製品・技術が優れているのはもちろん、海外製薬会社との持続的なコンタクトやネットワークが大事」と説明した。

  韓国が今まで開発した新薬は27件。ブロックバスター級はまだないが、1990年代から本格的に開発に取り掛かった現実を考えると、悪くない成績だ。バイオシミラーとバイオ医薬品の委託生産部門の技術力は世界的な水準だ。昨年、ハンミ薬品の契約解除という悪材料が明るみに出たが、毎年技術輸出の実績を増やしている。セルトリオンのユ・ビョンサム本部長は「多国籍製薬会社が前に出て韓国企業の成果に関心を見せるほど、地位が高まった」と話した。

  海外進出のためには市場の流れを読むことも重要だ。行事に参加するもう一つの理由だ。特に今年は、ドナルド・トランプ米大統領の就任以降、今後の製薬産業の変化について話し合われた。「医薬品価格の自由競争」「海外医薬品の輸入制限緩和」などの政策は承認手続きと規制を簡素化して韓国に肯定的に働くものとみられるが、「自由貿易協定の再交渉」によって不確実性が増すものと予想される。▼既存の治療剤と新薬を並行した「コンビネーション技術」▼免疫細胞が癌細胞を攻撃するように活性化する「免疫抗癌剤」▼遺伝体基盤のオーダーメード型治療--なども主な話題だった。韓国緑十字のホ・ウンチョル代表は「グローバル製薬会社との技術の差が小さくないが、韓国で現在開発中の新薬の場合、海外でも通じる競争力をもつ製品が多い」とし、「韓国企業はこれまで着実に世界市場の扉を叩いており、今その扉が開かれている」と分析した。

地位高まった韓国のバイオ、グローバル製薬市場で胸を張る(1)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事