地位高まった韓国のバイオ、グローバル製薬市場で胸を張る(1)

地位高まった韓国のバイオ、グローバル製薬市場で胸を張る(1)

2017年01月12日15時20分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  9日(現地時間)午前7時、米国サンフランシスコ。サムスンバイオロジクスの金泰漢(キム・テハン)代表は「JPモルガン・ヘルスケア・カンファレンス」が開かれる会議場へ向かった。開幕2時間前から顧客とのビジネスミーティングが予定されていたからだ。ミーティングの時間は約30分に過ぎなかったので、会社の競争力を簡潔かつ明確に伝えなければならなかった。彼はこの日、このようなミーティングを10件もこなした。彼は夕方になった後も主要顧客会社との交渉のために、夕食を2回も取るスケジュールを立てた。金代表は「今年完工する世界最大『第3工場』と技術力を発信していくことに焦点を当てた」とし、「世界バイオ・製薬会社の主な関係者らが一堂に会するため、ネットワークを広げて市場の動向を把握できる」と話した。

  韓国の主要製薬・バイオ企業がサンフランシスコに総出動した。9~11日に開かれる「JPモルガン・ヘルスケア・カンファレンス」に参加してグローバル市場への進出を加速化するためだ。JPモルガン・ヘルスケア・カンファレンスは約40カ国から1500社余りが参加する世界最大の製薬・バイオ関連行事だ。2015年、ハンミ薬品の大規模な技術輸出もここから始まった。主要研究開発(R&D)の成果を紹介し、投資資金を誘致することができることから、米フォーブス誌はこの行事を「ウォールストリートのショッピングモール」に例えたりした。

  最近、米国で抗体バイオシミラー(バイオ後続品)「レムシマ(Remsima)」を発売した韓国セルトリオンはR&D成果などを発表する。

  今年初、大規模な水痘ワクチンの輸出に成功した韓国製薬大手の緑十字は、水痘ワクチン以外のパイプライン(新薬候補物質)などを発表する一方で、柳韓洋行(ユハンヤンヘン)は開発中の抗癌剤、糖尿・非アルコール性脂肪肝治療剤の技術輸出の可能性を打診する。この他にも、ハンミ薬品・東亜ST・Seegene・コーロン生命科学なども新しく開発した治療剤や診断技法などを広報し、市場動向を把握して海外進出の機会を模索する。

  このように韓国企業がこのカンファレンスに力を注いでいる理由は、ノバルティス・ファイザーなど多数の多国籍製薬大手が参加するためだ。パイプラインを広報してR&D能力を知らせることができ、輸出の呼び水として活用できるということだ。

地位高まった韓国のバイオ、グローバル製薬市場で胸を張る(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事