韓国首相、亡くなった慰安婦被害者の焼香所を訪問 「当事者が受け入れない交渉に何の意味が?」

韓国首相、亡くなった慰安婦被害者の焼香所を訪問 「当事者が受け入れない交渉に何の意味が?」

2017年07月25日10時54分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
李洛淵首相
  韓国の李洛淵(イ・ナクヨン)首相は24日、京畿道城南市盆唐区(キョンギド・ソンナムシ・ブンダング)のチャ病院に設けられた慰安婦被害者の故金君子(キム・クンジャ)さんの焼香所を訪れた。

  李首相は、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が言及した「国らしい国」を作るために「国家が(不幸な歴史に)困惑を感じた国民を慰め、国のために献身した方々に報いなければならない」と明らかにした。

  続いて、慰安婦被害者の李容洙(イ・ヨンス)さんが慰安婦交渉について「容赦できない。本人に聞きもせずに、交渉でもない契約ができるだろうか」と述べると、李首相は「間違ったことが多い交渉だった」と慰めた。

  李首相は李さんが悲しみを訴えると、「2015年の交渉がまともなものだったとは考えていない。しかも、当事者が受け入れなかった交渉になんの意味があるだろうか。女性家族部などの部署がいろいろと考えていることだろう」と付け加えた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事