【中央時評】トランプ氏と取り引きする「大韓民国の価値」(1)

【中央時評】トランプ氏と取り引きする「大韓民国の価値」(1)

2017年06月28日10時23分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  建国以来、63回目になる韓米首脳会談。文在寅(ムン・ジェイン)大統領とドナルド・トランプ米大統領の初ワシントン会合(29~30日)は韓半島(朝鮮半島)運命の分岐点と言える会合だ。北朝鮮の核保有が差し迫っている中で危機は極めて高まっている。しかも、相手は生前13回の決闘を繰り広げた、気難しい扇動家のアンドリュー・ジャクソン氏(7代)以来、どこに跳ねるか分からないラクビーボールのような米大統領だ。あまり相性が合わない彼と向かい合って韓半島の平和と未来を粘り強く説得しなければならない文大統領の負担も少なくないだろう。

  トランプ氏は商売人だ。土地・建物とその不動産の未来価値を見る目が大したものだ。大きな取引で利益を設けることに通達している彼を「ビッグシンキング(Big Thinking)」と表現して誇示してきた。トランプ氏が成功の象徴とするニューヨーク・マンハッタンのグランドハイアットホテルは1970年代末、スラム街のみすぼらしいコモドホテルを買って再開発したものだ。彼の父は「そのホテルを買うのは沈没したタイタニック号のチケットを買うこと」と引き止めた。だが、トランプ氏の目に入ったのはホテルのそばにある地下鉄の駅から身ぎれいな通勤者数千人が毎日のようにあふれている光景だった。ホテルの未来に彼は思い切ってベッティングした。赤字だらけのそのホテルは年間3000万ドル(約33億6000万円)の営業利益を出したマンハッタンの名所に様変わりした。

  ハーレム街の若者たちの人生を描いた名作『ウエスト・サイド・ストーリー』の舞台であるマンハッタンの使い道のない川辺の鉄道敷地を安価で買い入れた人もトランプ氏だった。その上には今、高層建物16軒のトランプ・プレイスが両側に並んでいる。3つのホールが海に崩れ落ちて破産したカリフォルニアの風景の良い浜辺ゴルフ場を2700万ドルで買収した彼は10倍を再び投資した。その結果であるトランプナショナルゴルフコースは「ペブルビーチのライバル」として広く知られている。

  「私が判断を下す時に頼っているのは直観と握手」とトランプ氏は話す。「人に初めて会う時、なぜかことがうまくいくようなその予感を信じている」とした。自身が参加して人気を博したNBCのリアリティー番組『アプレンティス(Apprentice)』の製作者であるマーク・バーネット氏との初出会いがその事例だ。「ビジネス・ショーはお金を儲けたことがない」という周りの引き止めにも「私は彼とかたい握手を交わした」とし、そのまま推し進めた。このような「トランプ氏の目」に向かい合う文大統領の初対面は「大韓民国の価値」をセールスして好感を得るのに焦点を合わせるべきだ。米国の参戦で誕生した国家のうち韓国は最高の成功モデルだ。米国が伝えてきた民主主義と市場経済価値の最前線に立っている。北朝鮮・ロシア・中国など社会主義陣営と向かい合っている戦略要衝地だ。「韓国の戦略的価値がない」として米国が「アチソン・ライン」を引いてこの土地を捨てたところ、それはまもなく「共産主義への招待状」につながった。韓国の価値を立証した歴史だ。トルコ・ウクライナ・パキスタン・アフガニスタン・フィリピンなど、戦略的急所以上の価値がある所は大韓民国だ。

【中央時評】トランプ氏と取り引きする「大韓民国の価値」(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事