藤井美菜「隠し撮りの被害に遭ったことがある」

藤井美菜「隠し撮りの被害に遭ったことがある」

2017年10月20日15時41分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
藤井美菜
  韓国でも活動している日本女優の藤井美菜が「隠し撮りの被害に遭ったことがある」と告白した。藤井美菜は19日に放送された韓国のMBN(毎日放送)のトーク番組に出演して観淫中毒社会についての話題の途中でこのように切り出した。

  司会のシン・ドンヨプが「時と場所をわきまえないカメラ盗撮犯罪がますます深刻化している。隠しカメラの技術も日々進化しているうえ、撮影後にインターネットへの掲載やIPカメラのハッキングまであり、いま大韓民国はカメラ盗撮無法天下になってしまった」と話した。

  藤井美菜は「本当に、すぐにネット上にアップされてしまう。また、その時間まで全部出てしまうので、そういうときはちょっと困る。事務所には実家に帰ると言って帰らず、ファンの隠し撮りのせいでそのことがバレてしまったことがある」とし「渋谷にいたことがリアルタイムに広がった。この世はウソがつけない」と涙目になった。

  警察庁1期プロファイラーで犯罪心理分析官のペ・サンフン氏は「隠し撮りの被害を防ぐために、携帯電話のカメラで撮影を行うときは必ず撮影音が聞こえるようになっている。だから携帯電話に撮影音機能が存在する。ところが韓国で適用されている携帯電話撮影音規制が法の規制ではないため、盗撮用の無音アプリや隠し撮りアプリが普及して大きな問題になっている。これについても法的な規制をしなければならないという主張もある」と説明した。

  藤井美菜は「日本も隠し撮り犯罪が深刻だ。自撮りする時に音がするのはイヤだが、誰かが私を撮影したということを知ることができなかったら、どうしたらいいか分からず怖い。だが、実際に何を撮ったのかと聞くのもどうかと思う。実は携帯電話のゲームをしていただけなのに、前にいる人が自分を盗撮したと勘違いしてケンカになったケースもあるらしい」と付け加えた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事