【時論】オバマは「元」大統領として広島訪問を(1)

【時論】オバマは「元」大統領として広島訪問を(1)

2016年04月18日11時25分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  広島出身の政治家の岸田文雄外相とジョン・ケリー米国務長官が合作演出した広島主要7カ国(G7)外相会合(4月10-11日)は徹頭徹尾、オバマ大統領の「広島平和記念公園」訪問への道を開くためのものだった。ケリー長官は予定時間を超えて資料館に50分間もいたし、計画になかった原爆ドーム視察を先に日本側に提案した。しかも記者会見でオバマ政権が推進する国際協力主義の重要性を訴えながら「オバマ大統領を含むすべての人が広島に来なければいけない」と力説した。5月のG7首脳会議のために伊勢志摩を訪問するオバマ大統領に対して広島を訪問してほしいと公開的に進言するものだ。

  G7外相会合で採択した「広島宣言」は「広島および長崎の人々は、原爆投下による極めて甚大な壊滅と非人間的な苦難という結末を経験した」で始まる。人類最初の原子爆弾による犠牲という文明史的な災難は、人類の記憶、平和の祈願を触媒する重要な記録として残らなければいけない。広島・長崎の原爆投下で21万人が命を失い、40万人の被爆者を生んだ。その中には韓国人の死者3万人、被爆者4万人(推定)も含まれている。さらに66年後の2011年3月11日の福島原発爆発事故はもう一つの災難だった。日本はこうした点で「原子力」を媒介に近代のエネルギーと科学技術、政治と戦争と災難という完ぺきな文明史的実験場になった特殊な位置にいる。

  我々は人類共同体、地球村社会の構成員として、広島・長崎・福島の悲劇は決して繰り返してはいけない人類史的な克服課題という事実認識に限りなく謙虚でなければいけない。原子力(科学)-原子力発電(エネルギー)-原子力武器(戦争)-大災難-非核化-平和にいたる政治社会的、そして生命的な存在論的脈絡にまで及ぶ総合的な視点で広島・長崎の惨劇と福島の災難を黙想しなければいけない。単純に戦争の反対概念としての平和だけでなく、歴史の平和、正義の平和にまでいたってこそ、日本の3回にわたる原子力災難から平和を祈り平和を築くことができる。

  日本はこの点で非常に背反的な記録を持ち、今でも保有している。こうした途方もない太平洋戦争(日本の表現で大東亜戦争)を起こしても公式的な戦争記念館がなく、戦争に敗れながらも敗戦を認めず終戦だけあると記録している靖国神社の遊就館が代表的な例だ。同じく広島平和公園の「平和」も非常に背反的だ。

【時論】オバマは「元」大統領として広島訪問を(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事