韓経:「来年の韓国の成長率さらに落ち込む」警告音続出

韓経:「来年の韓国の成長率さらに落ち込む」警告音続出

2018年10月01日08時32分
[ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国経済が下降局面に進入したことを知らせる警告が相次いで出ている。今年の経済成長率が2%台に急落するのに続き、来年には潜在成長率を下回るほど落ち込むだろうという観測だ。専門家らは韓国経済が「L字形」の長期停滞の入口に差し掛かったという分析まで出ている。

  現代経済研究院は30日に発表した「2019年韓国経済見通し報告書」で来年の経済成長見通しを今年の2.8%より0.2ポイント低い2.6%と提示した。韓国銀行が提示した潜在成長率の2.8~2.9%より低い数値だ。潜在成長率は生産要素を投じて物価上昇など副作用なく最大限達成できる成長率だ。経済の中長期基礎体力を意味する。現代経済研究院は「韓国の景気は昨年4-6月期をピークに始まった典型的な景気収縮局面にある」とし、来年には輸出増加傾向が鈍化して投資も減少し成長率がさらに低くなるだろうと予想する。

  LG経済研究院は20日に来年の成長率を現代経済研究院の見通しよりも低い2.5%と提示した。今年の見通しの2.8%より0.3ポイント低い数値だ。

  LG経済研究院は「半導体景気成長の勢いが弱まり、輸出と投資に悪材料として作用するだろう。韓国経済が昨年の一時的反騰局面を終え中期的な下方の流れに入る見通し」と診断した。

  韓国政府と韓国銀行、政府系研究機関もやはり今年より来年の経済をさらに暗く予想している。韓国政府と韓国銀行は今年の2.9%から来年は2.8%、韓国開発研究院(KDI)は2.9%から2.7%に成長率が低くなると予想している。外国機関も同様だ。経済協力開発機構(OECD)は韓国の来年の成長率を3.0%と提示していたが2.8%に下方修正し、アジア開発銀行(ADB)も2.9%から2.8%に引き下げた。檀国(タングク)大学経済学科のキム・テギ教授は「潜在成長率を下回る2%台の低成長が長期化する可能性が高くなっている」と警告した。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事