中国の初の安保白書「THAAD反対」…北核に次いで重視(2)

中国の初の安保白書「THAAD反対」…北核に次いで重視(2)

2017年01月12日14時22分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  同時に対話を強調する従来の立場も欠かさなかった。白書は「中国は国際社会と同じ道に立ち、韓半島の非核化と韓半島・北東アジアの長期安定を築くために努力を惜しまない」とし「各国は会談に復帰する努力をあきらめてはならず、韓半島の平和・安定で担う責任も放棄してはいけない」と述べた。

  対話を強調する立場は白書の発表に続く一問一答でも表れた。劉振民外務次官は「中国が安保理の制裁を支持するのは、北朝鮮を対話・交渉と6カ国協議の道に戻らせるためであり、制裁は目的でなく手段」と強調した後、「(トランプ政権の発足後)朝米が対話を始めることを望む」と述べた。また「金正恩(キム・ジョンウン)北朝鮮労働党委員長は今年、中国を訪問できるのか」という質問に対し、「複雑な問題」と言って即答を避けた。また、韓日中3カ国首脳会議が中断していることについては「韓国の政治変化などの理由でまだ開かれていない」と述べた。

  ◆中国・台湾海上で緊張高まる

  南シナ海で訓練中だった中国空母「遼寧」が11日に北上し、台湾海峡の北西側に航行したと、台湾の国防部が明らかにした。台湾空軍は海上哨戒機P3C、F-16戦闘機などを緊急発進させるなど警戒を強めた。台湾の蔡英文総統の中南米訪問などが重なり警告性示威という解釈があったが、中国側は「通常の訓練」と説明した。

中国の初の安保白書「THAAD反対」…北核に次いで重視(1)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事