中国の初の安保白書「THAAD反対」…北核に次いで重視(1)

中国の初の安保白書「THAAD反対」…北核に次いで重視(1)

2017年01月12日14時22分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
中国の習近平国家主席
  中国政府が11日に初めて発表した白書「アジア太平洋地域での安全保障協力」で、高高度ミサイル防衛(THAAD)体系の韓半島(朝鮮半島)配備に反対する立場を明確にした。39ページ・1万6000字分量の今回の白書は、アジア太平洋地域で多国間協力と2国間関係を通じて中国が進めてきた安保政策を総網羅している。劉振民外務次官がこの日、記者会見を通じて発表した。

  THAAD反対の立場は北朝鮮の核問題の次の項目で紹介されている。THAAD問題を北核に次ぐ優先順位に置いているという意味だ。中国は「ミサイル防衛は世界の戦略安定、大国の相互信頼に関連する問題であり、当然、慎重に処理されるべき問題」とし、「冷戦式の軍事同盟に依存してミサイル防衛システムを構築するのは、戦略の安定と相互信頼、包容的な情勢安定を築くのに役に立たない」と指摘した。続いて「各国は自国の安保利益を考慮する時、同時に他国の安保利益を尊重しなければいけない」と強調した後、韓国と米国を名指しした。

  白書は「韓国と米国が中国を含む域内関連国の明確な反対の立場にもかかわらず、韓国にTHAAD体系を配備すると宣言した」とし「このような方式は地域の戦略均衡を深刻に破壊し、中国を含む域内国の戦略安保利益を深刻に損傷し、韓半島の平和・安定を守ろうとする努力にも背く」と強調した。続いて「中国は韓米がTHAADを韓国に配備することに反対し、韓米が関連プロセスを中止することを強く求める」と締めくくった。

  韓半島の核問題の項目では▼韓半島非核化の実現▼韓半島の平和・安定維持▼対話・交渉を通じた問題解決--という3大原則を再確認した後、「中国は長期にわたり韓半島非核化プロセスを推進し、できる限り早期に6カ国協議が再開されるよう努力を惜しまなかった」と評価した。続いて「北朝鮮は2016年1月と9月の2回の核実験および数回の各種弾道ミサイル試験発射で国連安全保障理事会決議を違反し、国際社会の期待を裏切った」と記述した後、「中国政府は決然と反対し、安保理を通過した関連決議を支持し、北朝鮮の核兵器開発が進んでいくのを防ぐ」と明らかにした。

中国の初の安保白書「THAAD反対」…北核に次いで重視(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事