【社説】自転車時代の開幕を知らせた「ハイソウル自転車大行進」

【社説】自転車時代の開幕を知らせた「ハイソウル自転車大行進」

2009年04月27日09時50分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  先週末、ソウル都心を6000台の自転車が走った。ソウル市と中央日報が共同主催した「ハイソウル自転車大行進」がオリンピック公園-ソウル広場区間で行われたのだ。子どもから90歳近い高齢者までが道路に出てペダルを踏んだ。家族や友人、職場の同僚、同好会のメンバーが並んで走り、自転車に乗る楽しさを満喫した。ソウル都心で初めて開催された自転車行進だった。同日、京畿道(キョンギド)の水原(スウォン)や仁川(インチョン)、済州(チェジュ)でも自転車行進が開かれた。全国各地で自転車同好会メンバー3万人が参加し、来月3日まで行われる「第1回大韓民国自転車祝典」の開幕となった。

  和合と祭りの今回の自転車祝典は、自転車の利用を広める起爆剤になると期待されている。この行事をきっかけに全国で自転車ブームが起き、政府と地方自治体が自転車政策を重視すると考えられるからだ。自転車大行進に参加した呉世勲(オ・セフン)ソウル市長は自転車の効用を「1石6鳥」という言葉で表した。自転車に乗れば健康によいうえ、交通渋滞の解消、駐車難の解消、エネルギー節約、二酸化炭素排出の減少、大気汚染の改善に効果があるということだ。その通りだ。

  問題は、自転車の利用が広まれば、自転車がレジャー手段から抜け出し、主要交通手段に変わらなければならないという点だ。そのためには国内の自転車インフラを十分に整えなければならない。政府・地方自治体が自転車を安全かつ便利に利用できる環境をつくる政策的な努力を急がなければならない。李明博(イ・ミョンバク)大統領も先日、「自転車はグリーン(緑色)成長のパートナー」とし、自転車時代の開幕を急ぐべきだと強調した。自転車出退勤可能地域を拡大するため、まずは自転車専用道路を拡充する努力を傾ける必要がある。ソウルの場合、2012年までに車線を減らす‘道路ダイエット’を通して自転車専用道路207キロを造成し、ソウルの交通地図を刷新するという方針だ。

  盗難や雪・雨から守る自転車専用駐車場も地下鉄駅など都市の各地に設置しなければならない。毎年240億ウォンを投じて自転車専用道路と駐車場を拡充するコペンハーゲンをうらやましそうに眺めている場合ではない。自動車と自転車が共存する交通文化も定着させなければならない。そうすれば自転車に通行優先権を与えたり、交差点に自転車専用の信号待ちスペースを確保する案を推進する必要がある。自転車の通行を助ける法と制度的な補完がなければ、自転車の利用は活性化しないだろう。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事