ナイスショットより「セクシーショット」…アン・シネに魅了された日本(2)

ナイスショットより「セクシーショット」…アン・シネに魅了された日本(2)

2017年08月23日16時34分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
アン・シネの足首のタトゥー(写真=KLPGA)
  アン・シネの場合はやや違う。煽情的な日本メディアが異常なアン・シネ旋風を巻き起こした。講談社が発行する週刊現代は「グラビア」で2回にわたりアン・シネを紹介した。ギャラは1回あたり500万円という。日本で「グラビア」はタレントや女優のヌード特集が一般的だ。もちろんこの雑誌にアン・シネのヌード写真が出ているわけではない。

  週刊現代のライバルの週刊ポストは費用をかけず、アン・シネがインスタグラムに公開した写真を集めて特集を出した。

  日本女子ゴルフ大会のスポンサーはアン・シネのおかげで人気が高まり喜んでいる。このためアン・シネが原則的に7、8大会にしか出場できない条件付き選手であるにもかかわらず、先を競って招待選手として迎えている。アン・シネは韓国大会への義務出場条項もある。にもかかわらず日本のゴルフ大会主催側は違約金まで支払って彼女を日本の大会に招待した。

  少なくない選手がアン・シネに冷たい視線を向けている。しかしアン・シネのおかげで女子ゴルファーが注目され、女子ゴルフ人気につながっているという意見もある。成績が悪ければファッション感覚が優れたアン・シネも出場できないため状況を見守ろうという立場だ。

  10年ほど前、「ヨン様」ペ・ヨンジュンのドラマ『冬のソナタ』が日本で大ヒットした。日本の30-40代の女性が韓流スターに会うために韓国の撮影現場に集まったりもした。

  「アン・シネ旋風」は日本の中年男性の好奇心に満ちた目と煽情的なメディアが震源地だ。アン・シネをプロゴルファーとしてではなくセクシーな女性と見る目もある。このような雰囲気の中でアン・シネが自分を見失わないか懸念されたりもする。

  アン・シネが韓国のイメージをアップする「韓流コンテンツ」になるのか、それともすぐに冷める好奇心の対象で終わるのかは今後を眺める必要がある。

ナイスショットより「セクシーショット」…アン・シネに魅了された日本(1)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事