【噴水台】入れ墨

【噴水台】入れ墨

2006年02月10日19時24分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
  



  入れ墨を意味する「タトゥー(tattoo)」という単語が生じたのは1769年だ。 英探検家クック船長が「紋様をすり込ませる」という意味の「タター」というタヒチ語を英語風に発音したことから始まった。 当時、欧州の人々は、全身を入れ墨で飾った南太平洋の原住民を嫌悪した。「人体は神が作った芸術作品であり、神聖さの象徴」という極めて西欧的な考え方からだ。

  しかし、南太平洋の島の住民らにとって入れ墨は、重要な生活方式であり儀式だった。 ニュージーランド・マオリの顔にすき間なく刻まれた入れ墨は、家族と血統の象徴だった。 自身の業績と権威を示す手段として働いたりもした。 単なる装飾ではなく、神に対する畏敬の念と呪術的な性格もあった。 成人になる女性のでん部を黒く染めたり、両親が亡くなると舌に三つの点を刻むのは、それらだけの独特な文化様式だった。 手の平に刻まれた目の形の紋様が、自分を来世に導いてくれる、と信じた。

  日本の入れ墨は、新しい形の芸術、と評価されている。 18世紀半ばから本格化した日本の入れ墨は「権威に対する抵抗」の意味を内包している。 当時、皇室が、皇族や部族以外には華麗な色相の着物の着用を禁じると、下層民らは全身を覆う入れ墨で統治権力に向かいあったのだ。 最も華麗かつ精巧な入れ墨に発展させたきっかけである。「長い間、入れ墨の苦痛に耐えれば、霊的に成長するだろう」という内的儀式も多様な入れ墨の文化をもたらした。

  半面、韓国社会で、入れ墨は「禁じられた芸術」の領域から抜け出せなかった。 毛や髪を含む我が身は親から受け継いだものだから、それを傷付けないのが「孝」の始まり、という儒教的思想のためだ。 「不汗党(ブルハンダン、群れを成して横行する盗賊との意)=入れ墨」という内在的図式では、入れ墨は軽蔑の対象にすぎなかった。

  最近になって、入れ墨に対する国民の考え方が変わりつつある。 芸能界・スポーツ界スターらの体の入れ墨を見て熱狂したりもする。 暴力組織など「社会的逸脱階層」の専有ではなく、自身を他人と異なった形で表現しようとする個性として受けとめているのだ。 家族への愛の印として、自身の覚悟を固める方法として入れ墨をする人々も増えているもようだ。

  最近、米スーパーボウルの英雄に浮上したハインズ・ウォードの右腕にある韓国語の入れ墨が目を引いた。 サッカーの02年・ワールドカップ大会の当時、ゴールセレモニーのため上着を脱いだあるサッカー選手の入れ墨を見て歓呼し、一つになった記憶が、いまでも生き生きとしている。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事