韓国、4年制大卒者31万人失業時代

韓国、4年制大卒者31万人失業時代

2017年01月12日13時05分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  地方大学の国語国文学科を卒業したコン・ジンアさん(仮名、29・女性)は昨年入った広告会社から追い出された。月給150万ウォン(約14万4681円)で毎日12時間以上働いたが、試用期間が終わると同時に失業者になった。コンさんは簡単に切られない公務員になろうと公務員試験にすがっている。

  失業者100万人時代だ。統計庁が11日に明らかにしたところによると、昨年の失業者数は101万2000人だ。失業者数が年間基準で100万人を超えたのは統計庁が失業者分類基準を現在の4週以上求職活動をした未就業者と定めた2000年以降で初めてだ。

  こうした雇用寒波の直撃弾を受けたのは青年だ。昨年の15~29歳の青年失業率は9.8%だ。青年失業者数は43万5000人だ。いずれも過去最高水準だ。特に高学歴失業者の急増が目立つ。昨年専門大を含めた大学卒業以上の学歴を持つ求職者のうち45万6000人が失業状態に置かれた。1年前より3万1000人増えた。4年制大学卒業生の状況はもっと深刻だ。昨年の4年制大学卒業以上の求職者のうち31万6000人が失業者だ。前年の27万8000人より3万8000人増えた。専門大卒業者の場合、失業者数は2015年の14万6000人から昨年は14万人にやや減った。

  高学歴失業者が増えたのは大学の卒業証書を受け取った青年たちのレベルに合う雇用が消えているためだ。福祉水準が良好な正規職雇用を作り出す代表的な業種は製造業だ。昨年の製造業就業者数は448万1000人で1年前より5000人減少した。製造業の就業者数が減ったのは金融危機当時の2009年以来7年ぶりだ。統計庁のピン・ヒョンジュン雇用統計課長は「造船業などの構造調整の影響で製造業の就業者が減っている。製造業の就業者減少は青年失業増加の原因になっている」と話した。

  代わりに卸小売、宿泊・飲食、建設業の就業者数はそれぞれ4万4000人と2万2000人増えた。日雇い・非正規職が多い分野だ。零細自営業者も増えた。昨年雇用者のいない1人自営業者数は1年前より2万7000人増加した。

  解決策は良質の雇用を増やすことだ。これと関連し韓国政府は今年青年層が好む公務員と公共機関の職員を6万人新規採用することにした。根本的な解決策にはなれない。韓国金融研究院のパク・ジョンギュ専任研究委員は「大卒者が満足できるほどの職場は大企業と公共機関しかない。良質の中小・中堅企業を育て、大企業と賃金格差がない良質の雇用を創出するようにしなければならない」と話した。

  「学歴インフレ」の解消と大学教育の質的向上も必要だ。昨年4月基準で韓国の大学進学率は69.8%だ。低くなる傾向ではあるが主要国と比較すると依然として高い。経済協力開発機構(OECD)加盟国の平均大学進学率は2014年現在41%水準。日本は37%、ドイツは28%だ。韓国開発研究院(KDI)のチェ・ギョンス人的資源研究部長は「大学が最高級人材を輩出できず平均水準の人材だけ量産している。景気が振るわないほど大卒“平均人材”の就職はさらに難しくなる」と話した。チェ部長は「高い大学進学率を減らす努力とともに、大学が高級人材を輩出できるよう大学の競争力強化に積極的に取り組まなければならない」と話した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事