韓経:韓国の第4次産業革命「サンドイッチ」状態…日米に押され中国にも追いつかれ

韓経:韓国の第4次産業革命「サンドイッチ」状態…日米に押され中国にも追いつかれ

2017年09月20日09時21分
[ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  第4次産業革命技術競争で韓国が米国と日本など先進国に大きく遅れを取り、一部分野では中国にも押されているという分析が出された。第4次産業革命でもいわゆる「サンドイッチ」状態に転落しているという懸念だ。

  現代経済研究院は19日こうした内容を盛り込んだ「第4次産業革命基盤産業の研究開発現況国際比較報告書」を出した。現代経済研究院は第4次産業革命基盤産業を情報技術(IT)サービス、通信サービス、電子、機械装備、バイオ・医療の5部門に分けた。各部門で韓国の技術水準、特許登録件数、研究開発投資額、研究人材規模、政府支援金現況を主要国と比較した。

  韓国科学技術企画評価院の国別技術評価点数に基づいて第4次産業革命関連分野だけ選んで算出した結果を見ると、韓国の第4次産業革命基盤産業技術の総合点数は77.4点となった。米国の99.8点、欧州連合(EU)の92.3点、日本の90.9点と比較して最大22点以上の開きがあった。中国の68.1点と韓国の格差は10点以内にとどまった。

  第4次産業革命関連特許登録件数も同様だった。2013年基準で米国、日本、欧州の特許庁すべてに登録された特許は日本が5289件で最も多かった。次いで米国が(5240件、ドイツが1127件と続いた。韓国は750件にとどまった。米国と日本の7分の1水準だ。中国は674件で韓国と大差がないことが明らかになった。むしろITサービス部門では韓国の134件より中国が153件で特許件数がさらに多かった。

  研究開発投資額を見れば韓国はITサービスとバイオ・医療、通信サービスなど新産業分野の投資が絶対的に不足していた。産業別に最大投資国と比べた投資額比率は電子が43.1%だったがITサービスは1.7%、バイオ・医療は2.3%、通信サービスは13.1%にすぎなかった。

  第4次産業革命基盤産業研究人材もほとんどが製造業に集まっており、ITと通信サービス部門人材の割合は4.5%にとどまった。IT分野の人材のうち高級人材の割合は9.5%で米国の32.4%だけでなく中国の20.2%にも後れを取っていた。

  現代経済研究院のイ・ジェホ研究委員は「研究開発投資が振るわないITサービス、通信サービス、バイオ・医療部門の投資拡大誘導と税制の側面の多様な恩恵を検討しなければならない」と話している。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事