「話す車」時代到来…トヨタ「2021年から米国全モデルに装着」

「話す車」時代到来…トヨタ「2021年から米国全モデルに装着」

2018年04月17日13時55分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  トヨタが2021年から米国で「話す車」を販売するという計画を明らかにした。

  トヨタは、車車間通信技術〔V2V(Vehicle to Vehicle)コミュニケーション〕をほぼすべてのラインナップにわたり、広範囲に導入する考えだ。これにより、自動車業界の「話す車」開発競争が本格化する見通しだ。

  米メディアのブルームバーグやCNBCなどによると、16日(現地時間)、トヨタ北米担当副社長のアンドリュー・コッツィ氏は「2021年から米国で生産されるトヨタとレクサスの車両に、車車間通信技術のためのチップを装着する」としながら「これは潜在的に数千件の事故を予防するだろう」と明らかにした。コッツィ氏は「他の自動車メーカーもこの動きについてくるものと期待する」と付け加えた。トヨタは米国市場で昨年、GMやフォードに続き販売台数3位を占めた。

  車車間通信技術はWi-Fiと似たような短距離専用通信技術(DSRC)を使っている。車と車、または車と道路周辺装備が最大で半径300メートル以内でさまざまな車両関連情報を共有する。DSRC技術を選んだGMやトヨタとは違い、フォードは「セルラーV2X(C-V2X)」と呼ばれるネットワーク基盤の通信技術を使って「話す車」を開発する考えだ。これら陣営ではDSRCが旧式すぎると指摘している。これに対して、トヨタインフォテクノロジーセンターのJohn Kenney主席研究員は「DSRCはすでに立証された技術で時代遅れではない」とし「ネットワーク利用料が必要ないというのが長所」と説明した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事