在日韓国人差別撤廃ために30万人の署名集めたイ・ジェヒョンさん

在日韓国人差別撤廃ために30万人の署名集めたイ・ジェヒョンさん

2009年12月06日12時15分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
  



  1970年、ソウル江北区弥阿洞(カンブクク・ミアドン)のある理髪店に新聞1部が配達された。新聞には2年前、在日韓国人差別に激怒して日本人やくざ2人を殺害した金嬉老(キム・ヒロ、81)さんの事情が掲載されていた。当時、金さんは日本の警察から韓国人差別に対する公式謝罪を取り付けた。理髪師イ・ジェヒョンさん(62、写真)は金さんをそれで知った。彼は「その日以来、生き方が変わった」と話す。

  イさんはその年、金さん後援会に入会した。5年後、会長を務めるまでになった彼は、無期懲役の宣告を受けた金さんの釈放のために韓国人と日本人を相手に署名運動をした。当時、野党議員だった故金大中元大統領を含み、30万人の署名を集めた。そうして集まった嘆願書を持って、彼は直接現地に渡り、日本政府に渡した。イさんは「あのとき面会したときの金さんの姿が忘れられない」とし「韓国人という理由で差別を受けて苦しむ姿が切なかった」と話した。金さんはその後、31年ぶりに釈放され、今は釜山で暮らしている。

  イさんはまた、国内に収監された服役者のために刑務所に葉書を送る運動を推進した。1995年まで6000枚を超す葉書を送った。家族と手紙をやりとりしながら希望を持ってほしいと思う気持ちからだった。

  昨年6月、理髪店を閉めたが、彼はまだ機動隊と障害者、低所得層の髪を無料で切っている。理髪店を運営していた時代から20年以上続けてきたボランティアだ。イさんは「気分がよくなって、軽くなるからしているだけ」と話した。

  このような功労が認められ、イさんは10日、国家人権委員会から大韓民国人権賞を授与される。2006年に始まった大韓民国人権賞は、人権向上に寄与した個人や団体に授与される。

  イさんのほか個人部門受賞者名簿は次のとおり。

  ◆成均館大学イ・ヤンヒ教授(法学専門大学院)

  ◆国際家族韓国総連合キム・ジョンチョル副会長

  ◆大邱路上生活者相談支援センターヒョン・シウン所長

  ◆釜山刑務所キム・ホンナム矯衛(刑務職7級公務員)

  ◆全北教育庁ホン・スンチャン奨学士

  ◆国防部パク・ヨンミ主務官

  団体では

  ◆三清教育隊人権運動連合

  ◆大韓エイズ予防協会大邱慶北支会

  ◆北朝鮮民主化ネットワーク

  ◆MBC希望分かち合いの虹スタッフ

  ◆安山市
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事