「北、韓国の成功を恐れている…米が離れるか、さもなくば戦争が起きるか」(1)

「北、韓国の成功を恐れている…米が離れるか、さもなくば戦争が起きるか」(1)

2017年11月20日11時14分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
元米国務省韓国課長を過ごしたデービッド・ストラウブ世宗研究所世宗-LS研究員(中央フォト)
  北朝鮮が2カ月間にわたって沈黙を守っている。ドナルド・トランプ米大統領のアジア歴訪以降、北核解決に進展はあるだろうか。「今が最後のチャンスだ。北朝鮮の核高度化完成以降は、本当に戦争の瞬間がやってくるかもしれない」。1979年に米国の外交官としてソウルに初めてやって来て以来、米国務省韓国課長を経て40年間にわたって正面から深く韓半島(朝鮮半島)イシューに取り組んできた世宗(セジョン)研究所世-LS研究員のデービッド・ストラウブ氏(David Straub)氏(60)の言葉だ。ストラウブ氏はジュネーブ四者会談(1996~98年)や第1~3回北京6カ国協議(2004~2006年)に実務者として参加したほか、引退後も2009年オバマ政府の要請でビル・クリントン元大統領に随行して抑留された米女性記者の釈放のために北朝鮮を訪問した。

  --今、北朝鮮の挑発は沈黙している。

  「私は北朝鮮の意図を非常に懐疑的に見る人間だ。良いことをしようと休んでいるとは考えない。(核ミサイル追加実験関連で)技術的な問題があるか、米国の空母があまりにも多く来ているため用心深くなっているか、中国の怒りを意識した措置かもしれない」

  --北朝鮮が融和的な態度で出てくるだろうという見通しもあるが。

  「北朝鮮の言動は嘘と真実とを分けない。ただ目的に合わせるだけだ。しばらく休んで行くのが良いと判断すれば、今からでも平和攻勢を始めるかもしれない。だが、それを額面通り受け取ってはならない。北朝鮮と対話するのは止めようということではない。北朝鮮体制の本質を直視しながら、その意図に引っ張られずに交渉しなければいけないということだ。北朝鮮は過去30年間、われわれを馬鹿者扱いした」

  --北朝鮮との交渉が近く始まる可能性があるということか。

  「北朝鮮に対して、核挑発を強化してそれで脅迫した場合に支払う対価が大きくなることを十分に示した後で行わなければならない。北朝鮮の主張は過去よりも強いものになり、交渉は決裂しかねない。対話局面が進めば国際社会の北朝鮮に対する圧迫は緩和される。一度乱れたエネルギーを再び一つにまとめるのは容易ではない。非常にスマートに、一貫性を持って進めなければならない。今回が最後のチャンスだ。必ず成功させなければならない」

  ストラウブ氏は「北朝鮮は成功した大韓民国の存在そのものを恐れている」とし「核保有の目的は核をテコにして米国に圧力を加え、韓国を放棄させること」と強調した。「その目的を成し遂げるまで、北朝鮮はさらに多くの、さらに高度化された核とミサイルで強力な脅迫を続けるだろう。だが、その状況は長続きしない。いつかは破られることになっている。米国が離れるか、さもなくば戦争が起きるか。

  韓半島(朝鮮半島)の不安は高まらざるをえない」

  --1950年1月、「不後退防衛線(アチソン・ライン)」のように米国が韓国から退くことはあるか。

  「韓国戦争(朝鮮戦争)の時、米軍3万3686人が死亡し、8176人が行方不明になった。米国内には大韓民国を失ってはいけないという本能がある。たとえ米国大統領がそれを知らなくても、米国政界と機関、メディアが持っている感情がある。歳月が流れ、いつか状況が変化するかもしれないが、今はまだその時ではない。しかも北朝鮮が核をいくつか持って威嚇するからと言って怖がり、3万4000人の命で守った土地から撤収するというのは共和・民主党に関係なく、米国のプライドから考えてもありえないことだ」

  --ヘンリー・キッシンジャー元大統領補佐官(国家安全 保障問題担当)が北核解決と在韓米軍撤収を対等交換をするいわゆる「米中ビッグディール論」を出したが。

  「馬鹿な話だ。キッシンジャー博士は外国でのほうが信頼されている。米国中でキッシンジャーを高く評価する人は多くない。影響力もない。以前からそうだった。中国にへつらって中国の金を受け取ったという。いつも米中が2国で問題を解決することができると主張している。北朝鮮が核を持って米軍が離れる? 常識的ではない」

  --トランプが中国を訪問する前、先月キッシンジャーに会ったと聞いたが。

  「2人ともニューヨークの人だ。トランプは50年間、ニューヨークで自身がセクシーで賢く、ものすごい金持ちだというイメージメーキングをして安っぽいマスコミたちの前でとんでもないことをしでかした。キッシンジャーと並んで座り、外交に対して話をする姿を見せるためだ。韓国ではこのようなことが気になるだろうが、ただのショーに過ぎない」

  ストラウブ氏はトランプ大統領を強く批判した。今回のアジア歴訪に関しても「領域内の指導者がトランプの望むものに概ね合わせ、トランプも演説文だけ読み上げて無難に終わらせたが、米国人としては米国の衰退や中国の台頭、こういうものを考えさせられる契機になった」とし「第2次世界大戦以降、追求してきた米国の外交安保政策を破壊しているトランプに対する共和党主流の危機感も大きい」と述べた。

「北、韓国の成功を恐れている…米が離れるか、さもなくば戦争が起きるか」(2)

【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事