橋下代表が妄言…「米軍はもっと風俗業の活用を」

橋下代表が妄言…「米軍はもっと風俗業の活用を」

2013年05月15日09時13分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
橋下徹・日本維新の会共同代表。
  橋下徹・日本維新の会共同代表(大阪市長)の妄言が続いている。

  13日午前、「慰安婦は必要な制度だった」という妄言を吐いたが、14日晩には「沖縄の米軍司令官にもっと風俗業を活用してほしいと言った」という妄言第2弾を出した。

  橋下代表はこの日の記者会見で、「今月初め沖縄普天間基地の司令官に会った時、こういう話をすると、司令官は凍り付いたように苦笑いになって『米軍ではオフリミット(off limit、立入禁止)』といった」とし、「私は『性的なエネルギーを合法的に解消できる場所は日本にあるわけだから、もっと真正面からそういう所(風俗業)を活用してもらわないと、海兵隊の猛者の性的なエネルギーをきちんとコントロールできない。建前論じゃなくて、もっと活用してほしい』と話すと、司令官は『行くなと通達を出しているし、これ以上この話はやめよう』と打ち切った」と紹介した。

  次世代首相候補とまでいわれる野党の党首が「慰安婦が必要だった」「なぜ唯一日本の慰安婦制度だけが問題になるのか」という発言では足りず、風俗業の活用を真剣に勧めるという信じがたい状況が起きている。

  橋下代表は14日にもツイッターに「人間に、特に、男に性的な欲求を解消する策が必要なことは、厳然たる事実」と主張した。

  橋下代表の発言に対し、過去の歴史に関連して各種妄言を吐いてきた右翼閣僚まで「党の代表としての発言とは、いかなるものか」(下村文部科学相)、「慰安婦制度は女性の人権に対する重大な侵害」(稲田行政改革相)などとと非難した。

  しかし日本維新の会のもう一人の共同代表である石原慎太郎前東京都知事は14日、橋下代表を擁護した。石原代表は「軍に売春はつきもので、これは歴史の原理」とし「橋下は基本的に間違ったことは言っていない」と述べた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事