高麗時代の甲冑も靖国神社に…

高麗時代の甲冑も靖国神社に…

2010年12月09日08時32分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
日本靖国神社の「神風」特別展で、高麗の甲冑と推定される遺物が公開された(朝鮮王室儀軌還収委員会)。
  



  日本の靖国神社には高麗時代の甲冑(かっちゅう)と推定される遺物も保管されていた。3日に靖国神社で朝鮮時代の甲冑が公開されたのに続き、新たに確認された遺物だ。

  朝鮮王室儀軌還収委員会は8日、靖国神社内の遺物展示館「遊就館」で開かれた「神風」特別展に高麗甲冑が展示された、と明らかにした。靖国神社は第2次世界大戦当時のA級戦犯が合祀されている。ここでは朝鮮甲冑が「敵国降伏」という文字のそばに置かれ、論議を呼んだ。

  展示されているのは上下が分かれた青い頭釘甲で、四爪龍9頭が刺繍されている。展示場には「高麗甲冑と推定される」という説明がついている。カン・ウバン韓国美術史研究院長は「竜、麒麟などの吉兆の動物が刺繍されており、王でなければ着られなかったものとみられる」と述べた。国内にある高麗甲冑は光州(クァンジュ)民俗博物館に所蔵された宝物第336号「鄭地将軍環衫」が唯一。

  一方、軍事編纂研究所のキム・ビョンリュン客員研究員は「冑は高麗のものとみられるが、朝鮮後期の竜紋甲と推定される」とし「ロシアのピョートル大帝人類学・民族学博物館に類似の甲の下衣だけ保管されている」と述べた。

【ホットクリック】

・EU、LGディスプレーに3235億ウォンの罰金
・【取材日記】砲撃されたその日、自走砲海兵は勇敢だった
・韓国の国家競争力、OECDで10位圏」
・韓国で性的暴行された…米で5千万ドルの訴訟
・「冬季五輪の招致、平昌がリード」…米紙
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

関連記事