鄭斗彦元議員が遺体で発見…自宅で遺書を見た家族が通報

鄭斗彦元議員が遺体で発見…自宅で遺書を見た家族が通報

2019年07月17日08時01分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
鄭斗彦元セヌリ党議員[写真 中央フォト]
  鄭斗彦(チョン・ドゥオン)元セヌリ党議員が山で遺体で見つかったと、警察が16日明らかにした。

  警察などによると、鄭元議員はソウル市西大門区弘済洞(ホンジェドン)のマンション付近の山で発見された。自宅で遺書を見つけた鄭元議員の夫人がこの日午後3時42分ごろ警察に通報し、警察が自宅付近を捜索して鄭元議員の遺体を発見した。警察はひとまず自殺と推定し、正確な死亡の経緯などを調べている。

  一方、鄭元議員は第17代、18代、19代国会議員で、最近は時事番組に活発に出演していた。MBN番組『パンドラ』に毎週出演して国内政治の分析と批評をし、KBS(韓国放送公社)第1テレビ時事教養番組『事事件件』のコーナーにも出演中だった。

  鄭元議員は前日午後にも生放送で進行されるMBCラジオ番組に出演し、深まる韓日間の葛藤や与野党間の政争について討論していた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事