韓国ホラー映画『変身』、全世界45カ国販売

韓国ホラー映画『変身』、全世界45カ国販売

2019年08月15日16時08分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
韓国映画『変身』の海外版ポスター
  海外で韓国ホラー映画が注目を集めている。

  映画『変身』(原題、キム・ホンソン監督)の公開が韓国に続き海外でも決まって、究極のホラー症候群の始まりを知らせている。制作社側は14日、「『変身』が台湾、シンガポール、インドネシア、マレーシア、タイ、フィリピン、ブラジル、メキシコ、アルゼンチンなどアジアや南米の主要45カ国に先行販売された」と明らかにした。

  コンテンツパンダ海外配給チーム側は「人間の姿に変わる悪魔という恐怖素材、家族ホラーという点で海外バイヤーの間でコンテンツ競争力を高く買われたようだ」と伝えた。

  前代未聞のストーリーコンセプトと出演陣の安定した演技で見どころ満載の『変身』が海外で好評を受けるかどうか注目が集まる。

  海外先行販売の便りと共に公開された海外ポスターでは、『変身』で大胆な変身に挑戦した俳優ペ・ソンウが登場している。

  映画の中で、カング(ソン・ドンイル扮)一家のおじジュンス役で登場したペ・ソンウは、今回の映画を通じてリアルなホラーの均衡感を見事に引き出したという評価を受けている。表情ひとつで真の迫った演技を見せるペ・ソンウがこれまで見せたことのない雰囲気を、海外ポスターを通じて確認することができる。

  『変身』は、人間の姿に変身する悪魔が家族の中に入り込むことで、互いに疑い、憎悪し、怒りをぶつけ合うことになる奇異かつ背筋の凍るような事件を描いた恐怖スリラー。21日韓国公開。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事