【世界の中の韓国】アンザック・デーと「セウォル号」沈没の日

【世界の中の韓国】アンザック・デーと「セウォル号」沈没の日

2014年04月24日16時09分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  第1次世界大戦の歴史で英国が扱おうとしない素材がガリポリの戦いだ。連合軍が経験した最悪の敗戦だからだ。ガリポリ(トルコ語でゲリボル)半島は地中海から黒海につながる狭いダーダネルス海峡の西岸の長い半島だ。西部戦線がこう着すると、連合軍は黒海を通じてロシアと連結するため、ガリポリ半島占領計画を立て、1915年4月25日、大々的な上陸作戦を開始したが、この命令を下した人物が当時海軍長官だった40代のウィンストン・チャーチルだった。

  この上陸作戦にはアンザック(ANZAC=豪州-ニュージーランド部隊)も参加した。単に英国の植民地だったという理由だけで、全く関係がない欧州戦争に投入されたのだ。この戦闘は双方から100万人以上が動員され、10万人以上の戦死者と25万人以上の負傷者を出した。残酷な戦闘だった。この作戦はトルコ軍の頑強な防御で失敗に終わり、翌年2月、連合軍は完全に撤収した。

  敗戦の責任からチャーチルは更迭され、軍神と呼ばれた伝説的指揮官ハーバート・キッチナー将軍も名誉に墨を塗って無能な指揮官に転落した。防御に成功したトルコ軍の指揮官の1人がムスタファ・ケマル・パシャ(将軍)で、後にトルコ共和国を創建し、「トルコの父(アタテュルク)」として崇められる。

  この戦闘で豪州-ニュージーランドの兵士1万人以上が戦死し、約6万人が負傷した。平均5人に1人が戦死、2人に1人が負傷という非常に大きな犠牲だった。これが伝えられると、両国は怒った。なぜ英国の植民地という理由一つのために、大切な息子を欧州戦線に送ったのかという怒りに満ちた世論が形成された。もう英国の戦争に加わってはならず、そのためには形式だけでなく真の独立国家として生まれ変わるべきだという考えが強まった。ガリポリでの大きな犠牲が両国国民に豪州人、ニュージーランド人というアイデンティティを明確に抱かせ、堂々たる独立国家として生まれ変わる契機になったのだ。その後、両国は毎年4月25日、ガリポリ上陸の開始日を「アンザック・デー」とし、最大の記念日としている。犠牲者を深く哀悼する一方、その犠牲を通じて国家アイデンティティをもう一度確認するのだ。

  今月初め、韓豪自由貿易協定(FTA)が締結された。豪州が韓国にさらに近づいたのだ。誤った作戦で支払った莫大な犠牲を省みるアンザック・デーのように、韓国も今後、「セウォル号」が沈没した4月16日を追悼と謝罪の日とするのはどうだろうか。安全不感症を反省し、人災で犠牲になった人たちを記憶しながら。

  イ・ウォンボク徳成女子大客員教授

【特集】韓国旅客船「セウォル」沈没事故
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事