<WBC>球速165キロの大谷に挑む135キロの韓国投手(2)

<WBC>球速165キロの大谷に挑む135キロの韓国投手(2)

2017年01月12日11時15分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  柳熙寛は「投打兼業」で有名な日本の「怪物」大谷翔平にWBCで必ず会いたいという。右腕正統派投手の大谷は昨年、日本プロ野球で最高球速165キロをマークした。2015年のプレミア12の韓国戦2試合に登板した大谷は13イニングを3安打・無失点に抑える怪力を見せた。韓国はソウル高尺(コチョク)スカイドームで行われる第1ラウンド(3月6-10日)を通過すれば第2ラウンド(3月12-16日)で日本とぶつかる。

  柳熙寛は「インターネットで『大谷と柳熙寛が投げ合えばどうなるだろうか』というコメントを見たことがある。私も興味がある。私と大谷が投げ合うことになれば(WBCを単独中継する)JTBCの視聴率が爆発するのでは」と冗談を言った。柳熙寛は「大谷は漫画に出てきそうなすごい選手。私より若いが見て学ぶ点が多い。大谷のピッチングを近くで見てみたい」と話した。

  代表チームに選抜されるかどうかに関係なく、柳熙寛は新年の練習スケジュールを操り上げた。梁義智、閔炳憲(ミン・ビョンホン)、呉在一(オ・ジェイル)、許敬民(ホ・ギョンミン)、張元準(チャン・ウォンジュン)、金宰煥(キム・ジェファン)らと19日に豪シドニーに出発する。2月中旬に予定された代表チームの評価試合に向けて早めに体づくりをするためだ。柳熙寛は「冬だが韓国シリーズの時ほどコンディションが良い。暖かいところで練習しながら投球できる体をつくる」と話した。

  さらに「蚕室のライバル」LGも柳熙寛の勝負欲に火をつけている。昨年末、LGは自由契約選手(FA)の車雨燦(チャ・ウチャン)を獲得し、ハフ、ソーサ、柳済国(リュ・ジェグク)ととともに強力な4先発体制を準備している。斗山の韓国シリーズ2連覇を導いた「ファンタスティック4(ニッパートーボウデン-張元準-柳熙寛)に対抗する構図が形成されたのだ。柳熙寛は「LGの先発陣を『アメージング4』と呼ぶと聞いた。おもしろい表現だ。興行にもつながりそうだ」とし「しかし斗山が優位。LGが我々を追い上げるのは難しいだろう」と語った。

<WBC>球速165キロの大谷に挑む135キロの韓国投手(1)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事