「天才少年」ソン・ユグン君、韓国史上最年少の博士に

「天才少年」ソン・ユグン君、韓国史上最年少の博士に

2015年11月19日11時08分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
ソン・ユグン君
  「天才少年」として知られているソン・ユグン君(17)が、来年、満18歳3カ月の年齢で博士になる。ソン君は来年2月、大田(テジョン)の科学技術連合大学院大学校(UST)の卒業式で博士学位を受ける。2004年3月にオープンしたUSTは32の政府外郭研究機関が共同設立した修・博士過程大学だ。

  ソン君の指導教授である韓国天文研究院(KASI)のパク・ソクジェ博士(58)は「今月17日午後に開かれた学位請求論文審査の公開発表と論文審査委員会で、ソン君が提出した博士学位請求論文『一般相対性理論の天体物理学的応用』が審査を最終通過した」と18日、明らかにした。京畿道九里(キョンギド・クリ)に住んでいたソン君は11歳の時に2009年USTのKASIキャンパスの修士・博士統合過程に入学した。それから7年後、パク博士の指導で博士学位を受けることになった。ソン君が博士学位を受ければ韓国最年少の博士として記録される展望だ。

  国内最年少博士についての公式記録はない。これまでの記録は米国ニューヨークのRPI工大で博士学位を受けたチョン・ジンヒョクさん(23年11カ月)、NCソフト文化財団ユン・ソンイ理事長(24年2カ月)等が知られている。

  パク博士は「ユグン君が数学科物理など基礎科学理論をじっくり勉強していたため博士学位論文の作成がやや遅れた」とコメントした。パク博士は「ユグン君の博士学位論文『一般相対性理論の天体物理学的応用』はブラックホールから宇宙までを包括的に扱う内容」としながら「博士後の研究過程(Post-Doc)計画を年末までに確定して米国著名学者の指導を受けて研究能力をさらに育てていく考え」と付け加えた。

  ソン君は5歳の時に掛け算ができるようになり7歳の時に微積分を解いた。中高過程を検定試験で終えて8歳の時に仁荷(インハ)大に随時選考で入学して1学年で退学した。ソン君の母親のパク・オクソンさん(57)は「小学校の時まで祖父母と一緒に育った影響なのかは分からないが、ユグンが情操的に安定していて研究に没頭するタイプ」としながら「研究の邪魔になるからと携帯電話は持っていない」と話した。パクさんは「ユグンは世界的な天文学者になる夢を持っている」とした。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事