電子薬時代、飲む代わりに移植する(1)

電子薬時代、飲む代わりに移植する(1)

2015年10月28日11時57分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
米FDAが2015年に承認した肥満治療電子薬。
  薬を飲まず体内に設置する時代が到来している。米食品医薬品局(FDA)は年初、肥満治療に効果的な電子薬(electroceutical)の限定的市場販売を承認した。電子薬はバッテリーと電気信号を発生させる電子機器で構成されている。作動原理は簡単だ。電子薬は90分間ほどの手術で胃腸を掌握する神経束に移植される。胃腸は神経系を通じて食欲を刺激する微細な電気信号を脳に送るが、電子薬がこの信号を遮断して空腹感を感じさせないようにする。メーカーのエンテロメディクスは特許などを理由に具体的な作動方式を公開していない。しかし「162人の肥満患者を対象に1年間行った臨床試験で平均24.4%の体重減量効果を記録した」と発表した。FDAは厳しい条件を出して超高度肥満患者に販売を限定したが、電子薬の承認は今回が初めてであり、製薬業界では新たな時代を開く信号弾として受け止められている。

  ◆医学に入ったIT

  化学薬品が電子部品に代替されるなど薬が進化している。世界的な製薬会社グラクソ・スミスクライン(GSK)は2013年、電子薬の核心部品開発に賞金100万ドルを懸けた。身体に挿入可能で、体内の臓器を刺激する電気信号を発生させる装置を発明した人が賞金を受ける。GSKは60日以上安定的に作動するという条件を付けた。薬は一種の化学的結合物であり、体内に吸収された後、各種代謝を起こしながら病気を治療する。

  高血圧治療剤を例に挙げよう。高血圧治療剤は多様な薬品が使われるが、その一つが交感神経(急に悪化した状況で対処する役割を担う神経系)を遮断し、心臓拍動数を減らす薬物だ。電子薬はこれに使用できる。肥満治療に活用されたように心臓拍動を増加させる交感神経を遮断する電気信号を与えればよい。

  電子薬は新しい治療剤開発にも応用されている。代表的な例がリウマチ関節炎の治療だ。まだ治療剤が開発されていないリウマチ関節炎は自己免疫反応で発生する疾患だ。体内の免疫体系は外部から入ったウイルスや細菌を攻撃するが、原因不明の理由で「味方」を攻撃する場合があり、これが自己免疫反応だ。リウマチ関節炎は免疫細胞が関節を攻撃して炎症を起こすことで発生する。症状が激しければ日常生活が不可能だ。米国のキャビン・トレイシー博士は2012年、電子薬でリウマチ関節炎患者を治療した。トレイシー博士は患者の体内に電子薬を挿入し、脾臓を掌握する神経系に電気信号を与えた。180グラムにすぎない脾臓は免疫機能を担当するが、これを通じてT細胞など免疫体系を掌握する細胞の発生を減らした。トレイシー博士は「患者は8週間で卓球もできるほど正常な生活が可能になった電気信号で自己免疫反応を調節し、これを通じてリウマチ関節炎を好転させることができるという事実を証明した」と述べた。

電子薬時代、飲む代わりに移植する(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事