ユンソナ「必ず韓国人男性と結婚したかった」

ユンソナ「必ず韓国人男性と結婚したかった」

2006年07月07日16時26分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
  9月16日にソウル獎忠洞(チャンチュンドン)の新羅(シンラ)ホテルで挙式するタレントのユンソナ(31)が、結婚を控えた所感と計画について7日午後1時、記者会見を行った。

  新羅ホテルのトパーズホールで、およそ6年ぶりに公式の席に姿を現した彼女は「これほどたくさんの記者の方が集まっているのを見て‘本物に結婚するんだ’という実感がわいた」と、やや照れくさそうに話した。

  彼女は「長い間日本で生活していたので、周囲の人たちからよく‘結婚相手は日本人か’と聞かれた」と述べた後、「私は必ず韓国人男性と結婚したかった」と語った。

  この日、日本メディアをはじめ80人余の記者が取材競争を繰り広げるなど、彼女の結婚に対する国内外の高い関心が反映された。

  --所感は。

  「結婚は遠い未来の話と思っていた。 また日本で6年間ほど暮らしていたので、韓国人男性に会うのは非常に難しかった。 しかし必ず韓国の方と結婚して韓国で暮らしたかった。 これからは堂々と人前で手を握ってショッピングをし、服を選んであげたい。 こういう夢が実現するので本当にうれしい」

  --交際期間が短いのでは。

  「今年3月から正式に交際を始めたが、ずっと以前から知り合いだった。 また長い間会っていなくても自分を愛してくれていることを実感させてくれた。 私も愛している。 交際期間は重要でなかった。 初めて会った瞬間からずっと一緒にいたいという気がした」

  --新郎についての自慢は。

  「優しくて家庭的なところ。 私が会いたいと言えば、最後の飛行機に乗って日本に着てくれて、顔だけ見て帰ることもあった。 一日に国際電話を3-4時間ずつしながら愛を育んできた。 オッパ(兄さん=結婚相手の男性)の努力が大きかった。 こうした情熱的な部分を心で感じた。

  --プロポーズの言葉は。

  「一緒に飛行機に乗って韓国にくる時、『一生そばにいたい。ソナにずっとそばにいてほしい』と言いながらネックレスをかけてくれた。感動した」

  --今後の芸能活動は。

  「活動を理解してくれるというので、子どもができるまで韓日両国で活動する予定。 日本でいろいろな活動をしながら、韓国についてもっと多くのことを伝えたい。 近く日本の映画に出演する」

  --子どもの計画は。

  「子どもが寂しさを感じないよう2人は産みたい。 オッパは1人でいいと話している」

  --新居と新婚旅行は。

  「ソウル瑞草洞(ソチョドン)に家を準備する。 新婚旅行は6日ほどモルディブへ行くつもりだが、まだ決定していない」

  --最後にファンに一言。

  「頑張って生きていく。 みんなからうらやましいと思われるカップルになりたい。 これからも関心を持って見守ってほしい」
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事