【冬季五輪】浅田の演技に興奮した日本、キム・ヨナの演技後は…

【冬季五輪】浅田の演技に興奮した日本、キム・ヨナの演技後は…

2010年02月25日12時04分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
  



  女子フィギュア競技は、バンクーバー冬季オリンピック(五輪)でまだ‘金メダルの味’を見ることもできない日本にとって最後の希望だった。

  日本列島は24日、一日中、フィギュア競技で沸いていた。浅田真央の演技が終わると、テレビの解説委員は「キム・ヨナの前に完璧な演技を見せた。よくやった。ついにやった…」と雰囲気を盛り上げた。73.78点が出ると「驚く点数」と伝え、浅田が勝ったかのように興奮した。

  しかしその直後、キム・ヨナが完璧な演技で78.50の世界最高点を出すと、解説者はしばらく言葉を失った。前日の練習でキム・ヨナが尻もちをつく姿を繰り返し流した日本の放送は「浅田の調子が絶好調であるだけに、フリーで安定した演技をすれば逆転する可能性がある」と最後の希望を表出した。

  日本がこのように浅田の競技に‘命をかける’背景は‘ノーゴールドの屈辱’のためだ。日本はアジアの冬季スポーツ強国らしくバンクーバー五輪の幅広い種目で金メダルを獲得することを期待した。

  しかし時間の経過とともにこうした期待は失望に変わり、終盤に入ると挫折と当惑につながっている。女子フィギュアシングルで金メダルを獲得できなければ、日本は02年ソルトレークシティー大会以来8年ぶりに‘ノーゴールド’で大会を終える。

  冬季スポーツに関してはアジア最強という日本の自負心も完全に崩れた。日本メディアは「東洋人は厳しい」というスピードスケートで韓国が頭角を現したことに驚きを隠せずにいる。

【ホットクリック】

・ 現代車、「YFソナタ」5万台を来月リコール
・ フリーでは4勝4敗…キム・ヨナvs浅田、明日再激突
・ 外信「キム・ヨナ、ボンドガールのようにライバルをKOした」
・ 浅田の演技に興奮した日本、キム・ヨナの演技後は…
・ 起亜車「米市場シェア3%に」
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事